カンボジアツーリング第11回~カンボジアの海沿いを走り11日ぶりのベトナムへ~

カンボジアツーリング第11回~カンボジアの海沿いを走り11日ぶりのベトナムへ~

更新日:2015年6月25日 (取材日:2015年1月5日) / ライター: aki

カンボジアを半時計回りにぐるっと一周してきてシアヌークビルまで来ました。ここのビーチが素晴らしくてしばらく滞在したくなります。

朝の海岸

朝の海岸

朝は宿泊したドミトリーのビーチで朝ごはん。曇り空が残念。

ものを売る姿は東南アジアそのもの

ものを売る姿は東南アジアそのもの

ビーチに寝転がっている人は欧米人がほとんどですがたまに現れる物売りが東南アジアを感じさせます。天気が良くなるまでここに寝転がっていたかったのですが出発。

シアヌークビルの中心

シアヌークビルの中心

黄金の獅子像のあるシアヌークビルの中心のロータリーから国道4号線を北上。途中で踏切を渡ります。バッタンバンにあった踏切とは違ってきれいな線路。

シアヌークビルからベトナムへ

プノンペンからシアヌークビル港経は貨物列車が運行されている

プノンペンからシアヌークビル港経は貨物列車が運行されている

それもそのはず、プノンペンからシアヌークビルまでは貨物列車の運行が再開されています。将来的には旅客運転も始めるそうなので楽しみですね。

ハイランドリゾート

ハイランドリゾート

道中に謎のリゾートがありました。カンボジア人には大人気!なのかもしれません。

ドリアンの街

ドリアンの街

国道3号線に入ってから、途中に大きなドリアンのオブジェがありました。カンポットという街で特産品はもちろんドリアン。ここカンポットのドリアンはカンボジアの中でも高級なドリアンだそうです。

プノンペン方面へ

プノンペン方面へ

カンポットからはケップ方面へ。正面から逆走のバイクが来ていますが、意外とよくあることなので驚かなくなってきました。出発した時の曇り空が少しづつ晴れてきていい感じです。

赤土の道がカンボジアにいることを思い出させます

赤土の道がカンボジアにいることを思い出させます

途中国道が赤土に覆われていました。赤土に覆われた道ががとてもカンボジアという感じがするのですが、走りにくいので早く舗装を直して欲しいところです。

ケップ方面へ

ケップ方面へ

ケップの街につきました。このカンボジア様式の看板を見られるのもあと少し。ケップビーチ方面に右折します。

白い砂浜が美しい

白い砂浜が美しい

ケップのビーチは小さいながらも白い砂浜が美しい静かな海でした。周りにはリゾートホテルや別荘が並んでいます。

ケップのローカルビーチ

ケップのローカルビーチ

ローカルビーチではココナッツ売りがたくさん。

ケップはカニが有名

ケップはカニが有名

蟹が有名な街ということなので蟹のオブジェもありました。なにもないところにかなり大きなオブジェがあるので道からよく目立ちます。

ここもまた、世界てもっとも美しい海なのです」

ここもまた、世界てもっとも美しい海なのです

ココン、シアヌークビルに続いて世界でもっとも美しい海です。カンボジアの海は全て世界でもっとも美しいのでしょう。たしかに実際どこも静かなきれいな海です。

ケップの市場

ケップの市場

市場がありました。リゾート開発が進むケップにおいても市場はとっても小さくてローカル感満載。

ダートの道を右に入ると

ダートの道を右に入ると

そんな赤土の道を右に入ってランチライム。

海沿いのおしゃれなレストラン

海沿いのおしゃれなレストラン

目の前に海が広がる、お洒落なレストランに到着です。カンボジアに来てからというもの、クメール料理をあまり食べていない気がします・・・。

蟹のパスタ

蟹のパスタ

特産品のカニを使ったパスタ。とっても美味しかったです。

日差しが気持ちいいソファー

日差しが気持ちいいソファー

日差しが気持ちよさそうなソファーもありました。私の他には欧米人の家族が2組。写真を撮り合ったりと楽しそうに過ごしていました。

おなかがいっぱいになったところで出発。

右折してベトナム国境へ

右折してベトナム国境へ

いよいよベトナムに戻ります。この交差点を右折してしばらく走ればもうベトナムです。

田んぼの中を進む

田んぼの中を進む

国境までは田んぼの中を貫く直線道路。しばらくすると大きな建物が見えてきました。

カンボジア・ベトナム国境

国境といえばカジノ

国境といえばカジノ

国境といえばカジノ。ここにもベトナム人向けと思われるカジノがありましたが、営業しているのか不明。ハーティン(Ha Tien)はベトナム側の町の名前です。

カンボジア国境

カンボジア国境

カンボジア側国境施設。立派な建物が建設中ですがまだ使われていないのでこの建物を迂回し奥へ。プレハブの国境施設がありました。

プレハブの国境施設

プレハブの国境施設

出国ゲートでパスポートにスタンプを押してもらいます。

国境地点からカンボジア側を望む

国境地点からカンボジア側を望む

カンボジア側を振り返ると新しい国境施設。数年後にはこのプレハブではなくこちらが使われるのでしょう。

出国印をもらい、出発

出国印をもらい、出発

出国印が押されたらベトナム方面へ走り出します。バイクはベトナムナンバーなので手続き不要でした。

ベトナム入国

ベトナム入国

ベトナム側国境施設へ。カンボジアのプレハブに比べてずいぶん立派な国境施設です。

ベトナム側国境施設

ベトナム側国境施設

バイクを停めて建物に入りパスポートにスタンプを押してもらいます。こちらもスムーズに完了。

ベトナム・ハーティン(Ha Tiem)

11日ぶりにベトナムに帰ってきました。SIMカードの入れ替えなども必要だったので国境のカフェへ。

ベトナムコーヒー

ベトナムコーヒー

このベトナムコーヒーが懐かしくて美味しい。きっと至って普通の味なのですがとても美味しく感じました。

何も変わらない道の様子

何も変わらない道の様子

コーヒーを飲んでから走り出す景色は何も変わりません。これが陸続きということなのでしょう。

フーコック等へフェリーが出ています

フーコック等へフェリーが出ています

ここハーティンからはフーコック島へのフェリーが出ています。

フェリー乗り場

フェリー乗り場

フーコック島へのフェリー乗り場。今日の便はすべて運行終了とのことなので閉まっていました。

ベトナムの砂浜

ベトナムの砂浜

ベトナムの海岸に来てみました、ホンフートゥー(Hòn Phụ Tử)という観光地です。もう夕暮れ時なので人もまばら。

とても静かな海

とても静かな海

奇岩が顔を出す海にいくつかの漁船が停泊していてとても味のある景色でした。

海産物を売る道端の商店

海産物を売る道端の商店

近くの商店では様々な海産物が売られています。

河口に並ぶ舟

河口に並ぶ舟

近くの川には船が並んでいました。

船乗り達

船乗り達

いくつかの船の上では漁から帰ってきた漁師たちが作業していました。とても静かな港街です。

チトンという小さな町で宿泊

日が暮れるまでもう少し北上しよう、ということでバイクを走らせたのですがすぐに暗くなってしまいました。ただ、宿泊できそうな街がなかったのでしばらく走り続けます。やっと見つけたのがこの街、チトン(Tri Ton)。

今日はチトン(Tri Ton)に宿泊

今日はチトン(Tri Ton)に宿泊

バスターミナルの隣に小さなホテルを見つけたのでそこにチェックイン。久しぶりのベトナム語。

言葉が通じるのが嬉しい屋台

言葉が通じるのが嬉しい屋台

隣の屋台で夕ごはん。こちらがカタコトでも、少しでも言葉が通じるのはやはり嬉しい。カンボジアは完全にボディーランゲージだけでしたから。。

具沢山のフーティウミー

具沢山のフーティウミー

フーティウミーは具だくさん。

バスターミナルの隣にあった安宿

バスターミナルの隣にあった安宿

こちらは今日のホテル。広くて設備も問題なしです。

肉まんとコーヒーで1人乾杯

肉まんとコーヒーで1人乾杯

道端で売っていた肉まんとコーヒーを買ってきて一人乾杯。まだホーチミン市に帰ってないものの、ベトナムに帰ってきた安堵感がありました。

明日はベトナムのメコン・デルタを観光してきます!

ライター情報

aki

aki

旅をするように生きていたい、そう思っていたら気づくとホーチミンにいました。本業の傍ら、ベトナム観光・生活情報ナビ、Samurai Cafe Saigonをやったりしています。ベトナム・ホーチミンから、日本とは一味違うベトナムの日常をお届けします。

akiが書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「ベトナムツーリング」新着記事一覧

「ベトナムツーリング」の記事一覧を見る

「メコンデルタ観光ガイド」新着記事一覧

「メコンデルタ観光ガイド」の記事一覧を見る

「地方都市観光ガイド」新着記事一覧

「地方都市観光ガイド」の記事一覧を見る

「近隣国観光ガイド」新着記事一覧

「近隣国観光ガイド」の記事一覧を見る

アクセスランキング