ベトナムのビザ制度・申請・取得方法一覧。観光・ビジネス・労働ビザ等の最新情報はこちら

ベトナムのビザ制度・申請・取得方法一覧。観光・ビジネス・労働ビザ等の最新情報はこちら

海外に行く際は誰でも、どこの国でもビザ(査証)が必要になります。ただ、日本人は海外旅行でビザを意識したことがない人が多いのも事実。実は日本は数多くの国とビザ免除協定を結んでいるため、一定の条件下でビザを取得せずに入国することが可能なのです。ここではベトナムのビザ制度についてまとめました。本ページの内容は日本国籍の方を対象にしております。

2015年1月にビザに関する法律が大きく変わり、その後もビザに関する手続きは頻繁に変更されています。当サイトではベトナムのビザに関して常に最新の情報に更新するよう心がけております。

ビザ不要で入国出来る条件(15日以内の通常の観光はビザ不要です)

15日以内の滞在かつ、ベトナムから出国する航空券を持っている場合はビザは不要となります。通常の観光旅行の場合はこの条件に該当するため、ビザの取得の必要はありません。帰りの航空券を提示できるように準備しておくと良いでしょう。入国時にパスポートの期限が6ヶ月以上ある必要があります。また、2015年1月1日より30日以内に複数回入国する場合はビザの取得が必要になりました。

ビザの種類及び取得方法

観光ビザ

15日を超えて滞在する場合はビザの取得が必要になります。観光ビザは1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月のものがありましたが、今は1ヶ月及び3ヶ月のものしか発行されないようです。3ヶ月以上滞在する場合は現地で延長することが可能です。ビザ取得時にパスポートの期限がビザの期間+3ヶ月以上ある必要があります。
取得するには必要な書類をもって大使館に行くか、旅行代理店にお願いすることになります。または事前に招聘状を入手してベトナムの空港に到着時にアライバルビザを取得することも可能です。

ビジネスビザ

15日以上の滞在をする場合や、商談などを行う場合はビジネスビザを取得することになります。1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年のものがあります。ビザにはシングルタイプとマルチタイプがあります。ビザ取得時にパスポートの期限がビザ期限+3ヶ月以上ある必要があります。なお、2015年よりビジネスビザの発給には在ベトナム企業からの申請に基づく許可証が必要になりました。

一時滞在許可(テンポラリーレジデンス)・労働許可(ワークパーミット)

ベトナム国内で就労する場合等に発行されるのが一時滞在許可証。現在はろう号許可証を持った外国人に対して最大2年の一時滞在許可が発行されます。ベトナム国内で就労する場合は労働許可(ワークパーミット)が必要になります。

就学(学生)ビザ

ベトナムの学校で教育を受ける場合は就学ビザを取得することになります。実際に学校に通う期間のビザの取得となります。こちらの取得は現地教育機関のサポートが必要なので、詳しくは教育機関に問い合わせることになります。なお、お子様の日本人学校入学に際しては学生ビザは不要です。

[参考]ベトナムビザのカテゴリー(種別)一覧

上に上げたビザが一般的ですが、20種類のカテゴリーに分かれています。しかし、上に上げたビザ以外を取得することは少ないでしょう。

タイプ ビザの最長期限 ビザ対象となる人 滞在許可書の最長期間
NG1 12カ月 共産党書記長、国家主席、国会議長、首相に招かれた代表団のメンバー 未公表
NG2 12カ月 党中央常務委員会、国家副主席、国会副議長、副首相、祖国戦線主席などに招かれた代表団のメンバー 未公表
NG3 12カ月 外国の代表機関、領事機関、国連に属する機関などのメンバーとその家族や使用人 5年
NG4 12カ月 外国の代表機関、領事機関、国連に属する機関などに就労する人やそれらの期間を訪問する人 未公表
LV1 12カ月 党の中央に属する機関や国会、政府、祖国戦線、最高人民裁判所、最高人民検察院、国家監査院、中央省庁、中央直轄市、省の人民委員会などに就労する人 5年
LV2 12カ月 政治、社会組織や社会組織、ベトナム商工会議所に就労する人 5年
DT 5年 外国人投資家や外国人弁護士 5年
DN 12カ月 ベトナム企業を訪問する外国人 未公表
NN1 12カ月 国際組織のプロジェクトや外国の非政府組織の駐在事務所の所長 3年
NN2 12カ月 外国企業の駐在員事務所や支店の代表者および外国の経済組織、文化組織、その他専門組織の代表者。 3年
NN3 12カ月 非政府組織や駐在員事務所、外国企業の支店、外国の経済組織、文化組織、その他の専門組織の駐在員事務所に就労する人 未公表
DH 12カ月 研修や学習する人 5年
HN 3カ月 会議やシンポジュウムに参加する人 未公表
PV1 12カ月 常駐するジャーナリスト 2年
PV2 12カ月 短期期間の活動を行うジャーナリスト 未公表
LD 2年 外資の企業に就労する人 2年
DL 3カ月 観光客 未公表
TT 12カ月 LV1、LV2、DT、NN1、NN2、大学、DH、PV1、LDビザが発給される外国人の両親や配偶者および18歳未満の子供かベトナム国民の両親、配偶者、子供 3年
VR 6カ月 親族訪問やその他の目的の人 未公表
SQ 30日 同法第17条3項に該当する人 未公表

ベトナムビザの手数料一覧

最新のベトナムビザの手数料はこちらのページをご覧ください。ベトナム国内での手続き、日本でのベトナム大使館・ベトナム領事館での手続きに加えて、隣国カンボジアでの手続きについても紹介しています。

ベトナムのビザ・一時滞在許可証(テンポラリーレジデンス)の価格をまとめました
ベトナムのビザ・一時滞在許可証(テンポラリーレジデンス)の価格をまとめました

ベトナムのビザや一時滞在許可証取得にかかる値段をまとめました。 ベトナム国内でビザ及び一時滞在許可証を取得する場合 ベトナム国内でビザを取得する場合の価格は以下の通りです。(2016年6月現在) 種類 2015年11月23日以前の価格 価格 シング…

ベトナムビザ・一時滞在許可証の見方・サンプル

ベトナムビザを受け取ったら内容はしっかり確認したいところ。事前にこちらのサンプルで確認箇所を抑えておきましょう。

パスポートに貼付されるビザ

パスポートに貼付されるビザのサンプル

パスポートに貼付されるビザのサンプル

左側に記載されているのが発行場所、発行日。こちらのサンプルはTSN(タンソンニャット国際空港)で発行されたものですが、在日本ベトナム大使館やホーチミン市入出国管理局など発行場所がベトナム語で記載されます。右側は、一番上に赤字でビザ番号が書かれており、その右側にカテゴリーが書かれています。サンプルはDN(業務)ビザで、観光ビザの場合はDLです。その下に有効期限が記載され、次がシングル/マルチの種別。画像のサンプルはシングルです。その下がパスポート番号です。一番下の赤字は備考欄で、サンプルの画像では発行費45ドルとの記載がありますが特に気にする必要はありません。サンプルのビザでは中央にUSEDの赤いスタンプが押されています。ビザが使用済みとなるとこのようにUSED印が押されます。

特に注意して確認するべきところは「ビザのカテゴリー」(業務ビザの場合は特に)「有効期限」「パスポート番号」です。発行された際に打ち間違えなどがないか確認するようにしましょう。

一時滞在許可証(テンポラリーレジデンス)

一時滞在許可証(テンポラリーレジデンスカード)のサンプル

一時滞在許可証(テンポラリーレジデンスカード)のサンプル

一時滞在許可証は以前はパスポートサイズの縦長のものが発行されていましたが、最近はカードサイズの横長のものが発行されています。もちろんどちらも正式な書類として有効です。

ビザ番号、カテゴリーが一番上に記載されています。画像のサンプルではLD(労働)となっています。以下、名前、生年月日、性別、パスポート国、パスポート番号が記載されており、一番下に有効期限が記載されています。

テンポラリーレジデンスはビザの代わりとなるものであり、このカードを持っていればベトナムへの入出国を自由に行うことができます。

ライター情報

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部です。ベトナムをもっともっと楽しめる、そんな情報を日々探しては発信しています。こんなこと知りたい!というリクエストがあればお気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部が書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「査証(ビザ)・滞在許可・入出国」新着記事一覧

「査証(ビザ)・滞在許可・入出国」の記事一覧を見る

アクセスランキング