ベトナムのタクシーを安全に乗る方法

ベトナムのタクシーを安全に乗る方法

更新日:2016年1月6日 / ライター: ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ホーチミン市内には数多くのタクシー会社が営業しています。日本ではタクシー料金は会社を問わずにほぼ一律ですが、ベトナムでは会社ごとに料金を決めているため違いがあります。
ぼったくりタクシーは少なくなってきていますが、 空港やベンタイン市場を中心に被害があるので注意が必要です。

タクシーにはセダンタイプとワゴンタイプの2種類があります。ワゴンタイプでは最大7人乗ることができます。値段も大きく変わらないので少人数でワゴンタイプに乗ることも多くあります。

タクシーの料金

タクシーメーターは会社にもよりますが10,000~13,500ドンからスタートします。以降は1kmあたり15,000ドン程度加算されていきます。

基本的にはホーチミン市内の移動であれば20,000~40,000ドン(約80~160円)程でしょうか。ホーチミン市中心街から空港に行く場合は100,000~150,000ドン(約400~600円)ほどかかります。

ハノイ市内移動の場合は20,000ドン~100,000ドン程で、空港へは300,000~400,000ドンほどです。

タクシーメーター23=23,000ドン

タクシーメーター23=23,000ドン

タクシーのメーターは1,000ドン単位で小数点第一位まで表示されています。最近は小数点がないタクシーが増えてきましたので初乗り時に確認しましょう。
例1:25.5→25,500ドン
例2:32→32,000ドン

タクシーの使い方

基本的には日本と同じです。

手を上げてタクシーを止めて乗りましょう。
英語が話せないタクシー運転手も多いので、行き先を告げる際は紙に書いておくと安心です。

走りだしてから10秒以内にメーターが動き出します。メーターを動かさないドライバーも稀にいますので、その場合は止めて降りてしまうのもいいでしょう。ただ、下に上げるタクシー業者を使っている限りはほぼ問題ないはずです。

目的地に着いたらメーターに表示されている金額を支払います。1000ドン単位のお釣りを返さないドライバーもいますが、言えば返してくれます。また、10万ドン以上の紙幣の場合お釣りがないと言われることも多いので5万ドン以下の紙幣で払うのがおすすめです。

お勧めタクシー会社

比較的トラブルが少ないと言われているタクシー会社は以下の会社です。

ビナサン(VINASUN)タクシー

白い車体に緑と赤のラインが目印のビナサンタクシー

白い車体に緑と赤のラインが目印のビナサンタクシー

マイリン(MAILINH)タクシー

緑の車体のマイリンタクシー(広告入りの車)

緑の車体のマイリンタクシー(広告入りの車)

白い車体に緑のロゴ、または緑の車体が目印です。

エムタクシーという、非常にMAILINEタクシーに似ている偽物のタクシーが走っていました。くれぐれもご注意ください。(リンク先に画像があります)。なお、偽物のタクシーは白の車体を真似たものが多く、塗装費のかかる緑色の車種では見つかっていないので緑色のタクシーを探すのも良いでしょう。
なお、多く渡してしまったり、車内に物を置き忘れてしまった場合はこれらのタクシー会社でも持ち去られるケースが多いので注意しましょう。

ぼったくりタクシー事例

[2013/4/20]ホーチミンのぼったくりタクシーに要注意
[2013/4/20]ホーチミンのぼったくりタクシーに要注意

先日、日本人旅行者にぼったくり料金を拒否されたタクシー運転手がその旅行者を殴打するという事件が起きたというニュースがありました。このサイトの運営メンバーにも、メーターが通常の10倍で且つ高速で回り、更に遠回りされて70万ドン請求された者がいます。ちなみに4万ドン程度の距離…

ライター情報

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部です。ベトナムをもっともっと楽しめる、そんな情報を日々探しては発信しています。こんなこと知りたい!というリクエストがあればお気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部が書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「交通事情」新着記事一覧

「交通事情」の記事一覧を見る

アクセスランキング