【在住者・観光客必見】2016年末から変更となるホーチミンの交通事情

【在住者・観光客必見】2016年末から変更となるホーチミンの交通事情

更新日:2016年12月23日 (取材日:2016年12月22日) / ライター: aki

日々増えていくホーチミン市の交通渋滞に対応して、2016年末よりホーチミン市の交通ルールが一部変更になるようです。その変更の中から、在住者や観光客に影響のありそうな市内中心部の新しい交通ルールを紹介します。

新しい交通ルール

新しい交通ルール

12月17日よりレタントン通りの一部がタクシー通行禁止になりました

レタントン通りの日本人街エリアからベンタイン市場へタクシーで通り抜けることができなくなりました。具体的には、レタントン通りのドンコイ通り交差点~パスター通り交差点の区間(ホーチミン市人民委員会庁舎前)がタクシー進入禁止になります。

日本人街エリアからレックスホテル、ベンタイン市場、バックパッカーエリア等へのタクシー所要時間が増えそうですのでご注意ください。また、遠回りをしているわけではないのでタクシードライバーには優しくしてあげてください。

なお、変更直後の現地の様子は、人民委員会前の渋滞は緩和されましたが、ドンコイ通り、マジェスティックホテル前が大渋滞となっています。

UberやGrabなどの配車アプリで手配した車であれば通れるのでしょうか。もしそうであれば、配車アプリ利用者が増えそうです。

ハイバーチュン通り・ファンゴクタック通りがあわせて一方通行となります

2017年よりハイバーチュンどおりが北西方面専用になり、平行しているファンゴクタック通りが南東方面専用になるそうです。これによりハイバーチュン通りの渋滞が解消すると良いのですが、前述のタクシー通行禁止とあわせてドンコイ通りの交通量が増加しそうです。

レクイドン通り・チャンクォックトアン通りがあわせて一方通行となります

2017年よりレクイドン通りが北西方面専用になり、並行してるチャンクォックトアン通りが南東方面専用になるそうです。在ホーチミン日本国総領事館への経路が従来とは変わりますのでご注意ください。

その他、交通の変更の情報があればアップデートしていきます!

※参考:Tuoi Treウェブサイト

ライター情報

aki

aki

旅をするように生きていたい、そう思っていたら気づくとホーチミンにいました。本業の傍ら、ベトナム観光・生活情報ナビ、Samurai Cafe Saigonをやったりしています。ベトナム・ホーチミンから、日本とは一味違うベトナムの日常をお届けします。

akiが書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「ベトナムの日常」新着記事一覧

「ベトナムの日常」の記事一覧を見る

「ホーチミン観光ガイド」新着記事一覧

「ホーチミン観光ガイド」の記事一覧を見る

「交通事情」新着記事一覧

「交通事情」の記事一覧を見る

アクセスランキング