交通事情の記事一覧

交通事情の記事一覧

ベトナムの交通事情は日本とは全く異なります。日常の足となるバイクの乗り方、タクシーの使い方や、使うと便利なバスの使い方などベトナムの交通事情を発信します!

  • Categories
    • No categories
【在住者・観光客必見】2016年末から変更となるホーチミンの交通事情

【在住者・観光客必見】2016年末から変更となるホーチミンの交通事情

更新日:2016年12月23日 (取材日:2016年12月22日) / ライター:aki

日々増えていくホーチミン市の交通渋滞に対応して、2016年末よりホーチミン市の交通ルールが一部変更になるようです。その変更の中から、在住者や観光客に影響のありそうな市内中心部の新しい交通ルールを紹介します。 12月17日よりレタントン通りの一部がタクシー通行禁止になりました レタントン通りの日本人街エリアからベンタイン市場へタクシーで通り抜けることができなくなりました。具体的には、レタ…

ベトナムのホーチミンからカンボジアのプノンペンまでバスで移動する方法

ベトナムのホーチミンからカンボジアのプノンペンまでバスで移動する方法

更新日:2016年6月24日 (取材日:2016年6月15日) / ライター:ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナムからカンボジアへ移動する方法の一つとして、「バス」があります。飛行機で行くよりも格段に料金が安く、現地の日本人や旅行者もよく利用している手段です。 今回は、そんな「バス」でホーチミン(ベトナム)からプノンペン(カンボジア)まで、実際に行ってみた様子をレポートします。 バスチケットの購入 チケット購入場所 長距離バスに乗るためには、事前にチケットの購入が必要になります。ベトナムホ…

ベトナムの鉄道でバイクを送る方法

ベトナムの鉄道でバイクを送る方法

更新日:2016年2月17日 (取材日:2015年11月1日) / ライター:aki

ハノイからホーチミンを結ぶ南北統一鉄道は乗客以外にも貨物を乗せて走っています。この貨物、駅に持ち込めば様々なものを送ることができ、私も冷蔵庫やバイクを送ったことがあります。輸送は駅間輸送が基本なので駅まで行く必要がありますが、バイクが送れるのはかなり便利です。 バイクを送るにはどうすればいい? バイクの輸送はホーチミン・ハノイ・ダナンの主要都市間であれば駅の隣にある運送会社に依頼することができ…

タンソンニャット国際空港とホーチミン中心部を結ぶ路線バス「152系統」「109系統」に乗ってみよう

タンソンニャット国際空港とホーチミン中心部を結ぶ路線バス「152系統」「109系統」に乗ってみよう

更新日:2016年5月12日 (取材日:2016年5月12日) / ライター:aki

ホーチミンの空の玄関口といえばタンソンニャット国際空港。国内線も国際線も全てこの空港から発着しており、ホーチミンに来たことがある方であればほぼ皆が使っているところです。空港から市内への交通機関としてタクシーを使う方が多いのですが、実は路線バスも通っており、料金もとってもお得。ボッタクリの心配もありません。 空港からホーチミン市内へのアクセス 国際線の到着ターミナルを出た右側にバス乗り場がありま…

ハノイのノイバイ国際空港国内線・国際線ガイド

ハノイのノイバイ国際空港国内線・国際線ガイド

更新日:2016年1月25日 (取材日:2016年1月4日) / ライター:Yohei

ホーチミンやベトナム各地から、ハノイ経由でベトナム国外へ向かう際には、ノイバイ国際空港で乗り継ぎをしなければなりません。今回は、ベトナム航空でホーチミンのタンソンニャット国際空港からハノイ経由で日本へ向かった際の乗り継ぎの流れについてまとめてみました。 国際線ターミナルと国内線ターミナルの移動 ベトナム航空を利用してハノイのノイバイ国際空港国内線ターミナルへ到着した場合、到着後に国際線を利用す…

ホーチミンのタンソンニャット国際空港での入国&ビザ取得案内完全ガイド

ホーチミンのタンソンニャット国際空港での入国&ビザ取得案内完全ガイド

更新日:2015年10月2日 (取材日:2015年9月22日) / ライター:aki

ホーチミンの玄関口であるタンソンニャット国際空港。2007年に日本の援助により作られた国際線ターミナルはコンパクトでとても綺麗なので迷うことも少ないとは思います。そう入っても初めての場所で入国審査や税関などを通らなくてはいけないので慣れていないと大変。 空港に行く前に写真で予習してから行きましょう。空港からタクシーに乗るまで、写真付きでガイドします。 飛行機を降りて空港ターミナルへ 飛行…

ベトナム全土を結んでいる長距離寝台バスに乗ってみよう

ベトナム全土を結んでいる長距離寝台バスに乗ってみよう

更新日:2015年8月21日 (取材日:2015年7月26日) / ライター:aki

ベトナムの国内の交通手段で一番メジャーなのが、バス。最近は飛行機も都市間移動手段としてメジャーになってきており、その他に南北統一鉄道などもありますが路線数が一番多くどこへでも行けるのがバス。 今回はベトナム国内移動でメジャーな寝台バスについて紹介します。 ベトナムの寝台バスについて ベトナムのばしは普通の観光バスタイプと寝台バスタイプがあり、寝台タイプのほうが少々(1割ほど)運賃…

スマホでバイクタクシーも呼べるタクシー配車アプリ「Grabtaxi」がとても便利

スマホでバイクタクシーも呼べるタクシー配車アプリ「Grabtaxi」がとても便利

更新日:2015年7月21日 (取材日:2015年7月12日) / ライター:aki

最近ベトナム国内にもたくさんのタクシー配車アプリが入ってきました。日本国内でもサービスをしているシリコンバレー発のウーバー(Uber)については以前紹介しましたが、今は3種類の価格帯を選べるなどサービスが充実してきています。もう一つ、ベトナムで人気のタクシー配車アプリがグラブタクシー(Grabtaxi)。マレーシアに本社があり、東南アジア各国でサービス展開していて今急成長中のサービスです。 …

ホーチミンでタクシー配車サービスUberを使う方法と体験談(車種について更新しました)

ホーチミンでタクシー配車サービスUberを使う方法と体験談(車種について更新しました)

更新日:2014年6月29日 (取材日:2014年6月29日) / ライター:aki

タクシー配車サービスが全世界で始まっていますが、その草分けとも言えるUberがホーチミン市でサービスを開始しました。6月中は条件を満たせば乗車無料のキャンペーンをやっているので、早速使ってみました。 Uberとは? Uberはアメリカのサンフランシスコで2010年に始まったサービスで、現在は39カ国でサービスを行っています。日本では東京でのサービスは昨年11月から始まっています。 Ube…

交通違反で没収されたバイクはどこへ行く?警察からのバイク取り戻しレポート

交通違反で没収されたバイクはどこへ行く?警察からのバイク取り戻しレポート

更新日:2014年5月30日 (取材日:2014年4月18日) / ライター:aki

ベトナムでバイクを運転しているといつかはお世話になるのが交通警察。長く住んでいる人なら、白バイにクリーム色の服を着て2人乗りをしているのを見たことがあるでしょう。交差点の近くなどで取り締まりを行っていることも多いです。多くの場合はお金(=賄賂)を渡すことですぐに釈放されるのですが、お金がない場合や、賄賂を受け取らない警官だった場合は正規の違反処理となり、バイクが数日間没収されることになります。この…

ベトナム統一鉄道乗りこなし方ガイド

ベトナム統一鉄道乗りこなし方ガイド

更新日:2013年5月25日 (取材日:2013年4月28日) / ライター:ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナムには南北総延長1726kmの南北統一鉄道のメイン路線と、その他数本の鉄道路線があります。運行速度は決して早くなく、旅行の際は飛行機を使ったほうが便利なことも多いのですが鉄道には鉄道の良さがあります。 チケットの購入 鉄道のチケットは駅又は旅行代理店で購入可能です。ホーチミンの場合はサイゴン駅は3区にありますので、旅行代理店のほうが便利な立地にありますが少々高いかもしれません。日…

バイクに乗る方法。日本とは違うベトナムの交通ルールを知ろう。

バイクに乗る方法。日本とは違うベトナムの交通ルールを知ろう。

更新日:2016年8月1日 / ライター:ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナムに来た多くの日本人がまず驚くのがバイクの洪水。これぞアジア!と言わんばかりの量のバイクが道路を埋め尽くしています。それもそのはず、ベトナムは市内の移動手段がバス、タクシーしかなく、バスは渋滞のために遅いという欠点もあるために生活にバイクが欠かせないのです。外国人も例外ではなく、バイクに乗ることで生活の幅がぐんと広がります。 免許はどうなってるの? ベトナムでは50cc以…

ベトナムで運転免許を取得する方法

ベトナムで運転免許を取得する方法

更新日:2014年6月6日 / ライター:ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナムは国際免許証の条約を日本と結んでいないため、日本の国際免許証絵の運転は無免許運転となります。ベトナムでももちろん無免許運転は厳罰となっており、バイク没収や高額罰金が課されることになっています。(担当警察官との賄賂で済ますケースが多いのも事実ですが。)また、海外旅行保険も無免許運転の場合は保険対象外となってしまいます。 50ccまでのバイクは免許不要ですが、ベトナム国内ではあまり見かけ…

Facebookページで最新情報をチェック




アクセスランキング