ホーチミンでタクシー配車サービスUberを使う方法と体験談(車種について更新しました)

ホーチミンでタクシー配車サービスUberを使う方法と体験談(車種について更新しました)

更新日:2014年6月29日 (取材日:2014年6月29日) / ライター: aki

タクシー配車サービスが全世界で始まっていますが、その草分けとも言えるUberがホーチミン市でサービスを開始しました。6月中は条件を満たせば乗車無料のキャンペーンをやっているので、早速使ってみました。

Uberとは?

Uberはアメリカのサンフランシスコで2010年に始まったサービスで、現在は39カ国でサービスを行っています。日本では東京でのサービスは昨年11月から始まっています。

Uberの使い方はとっても簡単。スマートフォンアプリをダウンロードしてクレジットカードを登録。あとはタクシーを呼びたいときにボタン1発でタクシーが迎えに来てくれます。支払いもクレジットカードから自動的に引き落とされるので車内での支払いは不要。ボッタクリの心配もありません。

6月いっぱい、ホーチミン市では1区又は3区発で20万ドン以内の乗車であれば1人10回まで無料というキャンペーンを行っています。

また、こちらからUberに登録するといつでも20万ドンの乗車チケットがもらえます。

ホーチミンでUberを使ってみた

Uberアプリを起動すると現在空車のタクシーの一が表示されます。

乗車場所を指定

乗車場所を指定

朝7時台では全てのタクシーが1箇所に集まっていました。Uberの基地があるのでしょうか。地図から乗車場所を指定して、「Set pickup location」を押すとタクシーがこちらに迎えてきてくれます。なお、英語のスマートフォンを使っているためアプリの画面は全て英語になっていますが、日本語表示も可能です。

迎車に来るタクシー情報がわかります

迎車に来るタクシー情報がわかります

タクシーが向かってくるまでの間に運転手の名前と車種及びナンバープレート番号が表示されます。書く運転手の評価があるのもいいですね。右のCONTACTからは運転手の携帯番号が表示され、電話やメッセージができます。

タクシーが今どこにいるかリアルタイムで分かります

タクシーが今どこにいるかリアルタイムで分かります

迎えに来る間、タクシーが今どこを走っているかリアルタイムに更新されます。到着するとSMSの通知が来ます。場所がわからないなー、と思っていた時はドライバーから電話が来て、手を振って教えてくれました。

日本では黒塗りのハイヤーが使われているのですが、ベトナムではトヨタのフォーチュナやイノーバといったよくレンタカーでも使われる車種が使われていました。タクシーにも使われている車種ですが、タクシーよりもグレードは上でした。オートマ車の時もありました。

タクシー車内

タクシー車内

タクシーの車内から。ドライバーはiPhoneを端末として使っているようです。iPhoneには私の名前と電話番号が表示されていました。私のスマートフォン側には車の現在地が地図の上で表示され続けています。

Uberのアプリ自体は多言語対応しており日本語でも英語でも利用できるのですが、ドライバーは英語はあまり通じません。その辺りは普通のタクシーと同じかもしれません。この辺りのサービスレベルは今後の向上を期待したいところです。

目的地に到着するとアプリには料金が表示されます。

乗車後は評価

乗車後は評価

今回はキャンペーン乗車のため無料でした。ドライバーの評価もここでできます。料金は自動的にクレジットカードから引かれるためドライバーへの支払いは不要です。

また、メールにも乗車明細が届いていました。

メールで乗車明細が来ます

メールで乗車明細が来ます

こちらは1区のスカイガーデンからソフィテルホテルまで乗車した領収書。ドライバーのiPhoneに基いて走行距離、走行時間が記録され、料金が算出されているようです。

車種

何回か使ってみると様々な車種があるのがわかりました。

TOYOTAのFORTUNER、INNOVAといった8人乗りの車もあり、ベンツEクラスやBMWといった高級セダンもあるようです。特に指定はできないので、4人までの移動に使うと良さそうです。上で紹介した写真はTOYOTAのFORTUNERでしたが、こちらはベンツ。

ベンツEクラス

ベンツEクラス

車内も高級感であふれています。

ベンツで移動中

ベンツで移動中

つかの間のエクゼクティブ気分を味わえました。

Uberの料金

Uberの料金は既存のタクシーに比べると少々高めに設定されていますが、十分安い水準です。以下の3つの料金の合計で決まるようです。

  1. 基本料金5000ドン
  2. 距離料金10000.06ドン/km
  3. 時間料金600ドン/分

上の領収書では、1.24km/6:02の利用なので距離料金は12,386ドン、時間料金は3,620ドン、合計21,006ドンでした。ちなみに、他のタクシーなら15000ドン強の距離です。料金はトヨタでも、ベンツでも、変わりません。

使った感想

通常のタクシーが比較的簡単に捕まるベトナムですが、やはり指定場所まで専用車に迎えに来てくれるのはいいものですね。料金のトラブルもないというのも安心です。観光客にもより安心してタクシーが使えるのではないでしょうか。こちらからUberに登録すると、私とあなたに20万ドンの乗車チケットがもらえます。20万ドンあれば7区も2区も空港も行けるので、まずは無料で使ってみてはいかがでしょうか。

ライター情報

aki

aki

旅をするように生きていたい、そう思っていたら気づくとホーチミンにいました。本業の傍ら、ベトナム観光・生活情報ナビ、Samurai Cafe Saigonをやったりしています。ベトナム・ホーチミンから、日本とは一味違うベトナムの日常をお届けします。

akiが書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「ホーチミン観光ガイド」新着記事一覧

「ホーチミン観光ガイド」の記事一覧を見る

「ライフスタイル」新着記事一覧

「ライフスタイル」の記事一覧を見る

「交通事情」新着記事一覧

「交通事情」の記事一覧を見る

アクセスランキング