旧Grab Pay残高をバウチャーに変更する方法【GrabPayは新サービスGrabPay By Mocaに移行し、クレジットカードが使用できなくなりました】

旧Grab Pay残高をバウチャーに変更する方法【GrabPayは新サービスGrabPay By Mocaに移行し、クレジットカードが使用できなくなりました】

更新日:2018年11月16日 (取材日:2018年11月10日) / ライター: ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナムに住んでいる方のほとんどが使用している配車サービスアプリ「Grab」。2018年11月ペイメントサービス移行に伴い、Mocaに登録しないとクレジットカードが使用できなくなりました。今回は過去のGrabPayに残高が残っている人のために、バウチャーに変える方法をご紹介致します。

GrabPayはサービス移行に伴い国内銀行口座を持っていない場合はクレジットカード入金が不可に

2018年11月にGrabはペイメントサービス会社Mocaと提携し、Grab PayからGrabPay By Mocaに変更しました。それに伴い、現地のATMカードからのみGrabPayに入金できるようになり、VISAやJCB等のクレジットカードからGrabPayに入金することができなくなりました。
詳しい内容はこちらを参考ください。(英語で書かれています)

grab pay by moca

GrabPay by Moca入金対応のカード一覧表

旅行者でも即日できる口座開設オンライン銀行timoで登録可能(11月15日追記)

旅行者でも口座開設可能なベトナムのオンライン銀行がありました。

timoの口座はGrabPayに対応しているベトナム国内銀行口座なので、このオンライン銀行timoのアカウントを開設するのが良さそうです。

ベトナムで旅行者でも制限なく使える銀行口座「timo」を開設する方法と使い方【驚きの即日開設可能】
ベトナムで旅行者でも制限なく使える銀行口座「timo」を開設する方法と使い方【驚きの即日開設可能】

ベトナムの銀行口座はその高い金利を求めて開設しようと思う日本人も多くいるようなのですが、実は普通の銀行は口座開設しても預け入れができなかったりと、外国人にはとても厳しいのが実情だったりします。 そんな中、旅行者でも簡単に口座を開設し、街中にある「現金預け入れ機」で預金も簡単…

過去のGrabPayに残っている残高をバウチャーに変える方法(3ステップ所要時間1分程)

ペイメントサービス移行に伴い、過去のGrabPayの残高も確認できなくなってしまいました。アプリを使用している人の中には「まだGrabPayの残高があったのに…」と困っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。今回はそんな方々の為に、残高をバウチャーに変更する方法をご紹介致します。

1. メニューから「Help Centre」を選択します。

Grab記事

メニューから「Grab Centre」を選択します。

2. 一番上に「How do I get refund of my existing GrabPay Credits balance」と書かれたボタンがでてくるので選択。

赤枠内のボタンを選択

すると以下のような返金方法やバウチャーの説明が書かれた文章がでてきます。

glab記事用

返金方法やバウチャーの説明が書かれた文章。

3. 「Ride voucher」を選択し「Submit」を押して終了!

下にスクロールすると、「返金(ベトナム国内の銀行振込のみ)」か「乗車時に割引されるバウチャーをもらう」かを選択する画面が現れます。「Ride voucher」と書かれたバウチャーをもらいましょう。

バウチャーか銀行振込(ベトナム国内)の選択ができます。

選択すると「Submit」ボタンが表示されるので押しましょう。

バウチャー申請が通った画面がでてきたら、「Hoan tat」のボタンを押して完了です。

無事にバウチャーの申請ができたようです。「Hoan tat」を押して終了です。

まとめ

クレジットカードが使用できなくなるのは、少し不便のような気もしますね。GrabPay残高がまだ残っている人は、バウチャーの申請の手間もそこまでかからないので、申請してみてはいかがでしょうか。なお、日本などベトナム国外の電話番号を持っている場合は、電話番号を変更することでクレジットカードを使用することができます。

ライター情報

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部です。ベトナムをもっともっと楽しめる、そんな情報を日々探しては発信しています。こんなこと知りたい!というリクエストがあればお気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部が書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「交通事情」新着記事一覧

「交通事情」の記事一覧を見る

「日常生活」新着記事一覧

「日常生活」の記事一覧を見る

アクセスランキング