ベトナムではチップってどうすればいいの?

ベトナムではチップってどうすればいいの?

更新日:2016年6月1日 (取材日:2016年6月1日) / ライター: Momo

日本人にとって海外旅行をする際に色々と考えてしまうのがチップ。渡すべきかそうでないのか、金額、タイミングなどなかなかわかりづらいですよね。今回はそんなベトナムの「チップ」事情について紹介していきたいと思います。

ベトナムでのチップ事情

ベトナムの街並み

ベトナムの街並み

ベトナムは元々チップ文化がないのですが、実際のところ観光地やホテルなどではそれなりにチップが浸透しているところもあり、チップを渡した方が良いタイミングや状況もあります。
どのような場面でチップを渡すのか、その一例をご紹介します!

ホテル

hotel

hotel

基本的にはサービスは無料ですが、4つ星や5つ星など、星のついたホテルではチップを渡すのが無難でしょう。チップの要求をされることはありませんが、ポーター(荷物を客室まで運んでくれるサービス)やベッドメイクといったサービスに関しては、気持ちとして2万ドン程度渡してもいいでしょう。
ベッドメイクのチップに関しては、とばされないように枕に挟んでおけば大丈夫です。

星のつかないようなホテルは基本的にチップを渡す必要はありませんが、たまに旅行者が留守の間に荷物からお金を盗まれるということもあるそうです。そうした盗難をしないようにといった意味合いでチップを渡すのはありでしょう。

エステ(マッサージ・スパ)

spa

spa

チップに関するトラブルが多いのがマッサージやスパなどのエステのサービス。実際、チップを払うかどうかはお店の料金体系によります。日本人や他の観光客が多く訪れるようなお店であればチップ代が料金に含まれている場合が多いですが、基本料金は施設の使用代でそれとは別に施術料としてチップが必要なお店もあります。施術に入る前に受付でチップや料金体系についてはしっかり聞いておくようにしましょう。

もし料金にチップが含まれていない場合は、大体1時間のマッサージで5万~10万ドン程度のチップを渡すといいでしょう。それでもチップが少し不安だという方は、「チップ込み」と書いてあるエステもあるので、そうしたエステを利用するのも手です。

タクシー

taxi

taxi

タクシーの場合、原則チップは不要です。何か理由をつけてチップを要求してきた場合でも基本的にはチップは渡す必要はありません。悪質なタクシーの場合、それでトラブルに発展してしまうケースもあるのでその時はホテルのフロントなどに事情を話し、そこからタクシー会社い連絡してもらうようにしましょう。

一日や半日タクシーをチャーターした場合は別で、そうした時には運転手さんに1日当たり10万ドン程度のチップをあげると良いでしょう。

レストラン

restaurant

restaurant

原則的にチップは不要です。パーティーをした際などは、気持として5~10万ドン程度のチップを渡すと良いでしょう。

また、レストランやローカルの食堂でもお茶やおしぼりが出てくる場合がありますが、こちらも使用した分だけ2000~3000VND程度の料金が含まれている場合があります。最初に言っていた値段より少しお会計の値段が高くなっていた場合、これらが含まれている場合が多いです。使用分以上に値段が高くなっていた場合は店員に言ってその分を引いてもらうことができるはずです。

その他

基本的にはベトナムにはチップの文化はありません。必要以上にチップの事は気にせず、存分に観光を楽しんでくださいね!

ライター情報

Momo

Momo

1995年生まれ。現在ベトナムでインターンシップをしています。旅と武術と自転車が趣味。ベトナムの魅力を多くの人にお届けできればと思います!

Momoが書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「ベトナム観光ガイド」新着記事一覧

「ベトナム観光ガイド」の記事一覧を見る

「日常生活」新着記事一覧

「日常生活」の記事一覧を見る

アクセスランキング