配車アプリGrabでベトナム中を楽々移動しよう

配車アプリGrabでベトナム中を楽々移動しよう

更新日:2018年3月7日 / ライター: NAGA

海外に行った際、意外と面倒なのがタクシーの手配。大通りに行かないとなかなか捕まえられないし、タクシーが来たと思っても他の人が乗っていることもあります。また、乗れたとしてもこのドライバーは遠回りしないかな、ぼったくりされないかな……と不安の種は尽きません。

そこで紹介したいのが、グラブタクシー(Grabtaxi)。日本国内でもサービスをしているシリコンバレー発のウーバー(Uber)については以前紹介しましたが、ベトナムで人気の配車アプリといえばGrabなのです。アプリを使えば、簡単に車両を手配することができます。

 

Grabとは

シンガポールに本社があり、東南アジア各国でサービス展開していて今急成長中のサービスです。2018年3月現在、Grabでバイクを手配できる地域は、ホーチミン、ハノイ、ニャチャン、カントー、ブンタウ、バクニン、ハイフォン、ダナン、バンメトート、ファンティエット、クイニョン、ダラット、ビンフック、クアンニン、フエ、ホイアン、ベンチェー、ヴィンロン、ラックザーです。また車は、ハノイ、ダナン、ホーチミンで利用可能です。

 

Grabの使い方

では、Grabの使い方を見ていきましょう。まずは、アプリ(Grabで検索すればOK)をインストールします。アカウントの作成を求められますが、FacebookかGoogle accountがある人は、そちらでログインすることもできます。その後、位置情報サービス(GPS)をオフにしている人はオンにする必要があります。

位置情報は、運転手が顧客の居場所に迎えに行くために必要

位置情報は、運転手が顧客の居場所に迎えに行くために必要

そうすると、アプリが自動的にあなたのいる場所を割り出してくれます。

この写真だと、Café Ngan が現在地

この写真だと、Café Ngan が現在地

あとは、現在地の下の空欄に行きたい場所を記入しましょう。住所か目的地の名称、どちらでも大丈夫です。すると、周辺にいる車両が表記されます。

青で示された現在地の周辺にある車のイラストが乗れるタクシーを表します

青で示された現在地の周辺にある車のイラストが乗れるタクシーを表します

画面の下部に乗れる車両の候補が出てくるのでタップしてみましょう。

 

それぞれのタクシーの値段と、現在地に来てくれるまでの時間が記載されています

それぞれの車両の値段と、現在地に来てくれるまでの時間が記載されています

車両と一口に言っても、一般的な貸切型の車に、シェア専用の車種、バイクまで様々な種類があり、好みのものを選べます。

ちなみに、料金のところのKの文字は1000を表すので、例えば写真の59 Kは59000ドンを意味します。また、写真の4 choや 7choは(運転手を除いて)4人乗り、7人乗りという意味です。支払いは、現金でもクレジットカードでも可能です。(クレジットカードの場合、事前にアプリでカードを登録しておく必要があります。)

乗る車両を決めると、「BOOK(予約)」のボタンを押して、あとは迎えに来るのを待つのみです。予約した際に、車のナンバープレートや、ドライバーの5段評価を見ることが出来るので、ぜひ確認しておきましょう。また、ドライバーが迎えにくるまでの間、チャットでメッセージを送ることができるので、予約した車に出会えないということは、まずないかと思われます。

また、乗車後にはアプリ上でドライバーの評価を行うことができます。今後乗る人のために、満足だったか不満だったか、ぜひ意思表示をしてあげましょう。

Grabのメリット

1.乗車前に値段が分かる

海外など地理が分からない場所でタクシーに乗ると、ぼったくりに遭うのではという危惧がつきものです。しかし、Grabだと事前に値段が提示されるので、そのような心配もありません。

2.現在地まで来てくれる

現在地で待っているだけで、車両がやって来るため、わざわざ拾いに行く必要がないのもメリットの一つ。現在地まで車両が来るまでの所要時間が記載されるので、まだ来ないのかと不安になることもありません。

3.乗車前に運転手の情報を知れる

車両のナンバープレートや、過去の顧客によるドライバーの評価を事前に知れるので、安心感があります。もし万が一の事態が発生した場合には、アプリを使って助けを求めることもできます。

左上のメニューボタンを押し、Help Centreに申し出るか、Emergencyを押すと警察に電話が繋がります

左上のメニューボタンを押し、Help Centreに申し出るか、Emergencyを押すと警察に電話が繋がります

このように、Grabは顧客のニーズと安全性を考慮したシステムです。

タクシーも活用したいなという人は、こちらの記事も合わせてご覧下さい。

 

 

まとめ

初めて使う際は、多少ハードルを感じるかも知れませんが、一度使うとその利便性の虜になるGrab。ぜひ、この記事を読みながら、トライしてみてはいかがでしょうか。

ライター情報

NAGA

二度のベトナム旅行を経て、一ヶ月のインターンをすることになりました。観光客と滞在者の狭間で、ベトナムの今をお伝えします。

NAGAが書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「交通事情」新着記事一覧

「交通事情」の記事一覧を見る

アクセスランキング