ベトナムで暮らすの記事一覧 (3ページ目)

ベトナムで暮らすの記事一覧 (3ページ目)
ハノイのノイバイ国際空港国内線・国際線ガイド

ハノイのノイバイ国際空港国内線・国際線ガイド

更新日:2016年1月25日 (取材日:2016年1月4日) / ライター:Yohei

ホーチミンやベトナム各地から、ハノイ経由でベトナム国外へ向かう際には、ノイバイ国際空港で乗り継ぎをしなければなりません。今回は、ベトナム航空でホーチミンのタンソンニャット国際空港からハノイ経由で日本へ向かった際の乗り継ぎの流れについてまとめてみました。 国際線ターミナルと国内線ターミナルの移動 ベトナム航空を利用してハノイのノイバイ国際空港国内線ターミナルへ到着した場合、到着後に国際線を利用す…

ベトナムから日本に国際電話をかけるにはどうしたら良い?コレクトコールは?

ベトナムから日本に国際電話をかけるにはどうしたら良い?コレクトコールは?

更新日:2018年2月3日 / ライター:aki

ベトナムに長く滞在すると、ベトナムから日本へ電話をかけることも増えて来るかもしれません。短期滞在の場合も海外旅行保険や家族との連絡などでベトナムから電話をかける機会があるでしょう。そんな国際電話の掛け方をこの記事では紹介します。いざというときに焦らないように事前に読んでおくことをおすすめします。 国際電話の掛け方 国際電話をかける特に必要になるのが国番号。日本は「81」、ベトナムは「84」です…

ベトナムはWIFI天国!カフェや観光地にあるフリーWIFIを活用してインターネットをしよう

ベトナムはWIFI天国!カフェや観光地にあるフリーWIFIを活用してインターネットをしよう

更新日:2016年1月18日 / ライター:aki

ベトナムはWIFI天国って知ってましたか??ホテルはもちろん、多くのレストランやカフェではフリーWIFIとなっており、店員に聞くとパスワードを教えてもらえます。ベトナムで本格的にモバイルインターネットを使うにはWIFIをレンタルするか、SIMカードを購入する必要があるのですが、観光の合間のカフェでインターネットをするならカフェのWIFIで十分ということも少なくありません。 カフェのWIFIに繋げ…

【ベトナム税法解説】第2回 住宅家賃と個人所得税について

【ベトナム税法解説】第2回 住宅家賃と個人所得税について

更新日:2015年11月25日 / ライター:石川 幸- Ko Ishikawa - : AGS代表

今回はベトナム税法解説の第2回目として、従業員の住宅家賃について、ベトナム個人所得税法上の取り扱いを説明いたします。会社が従業員の家賃を負担する場合、その負担方法により個人所得税額が変わるため留意が必要です。 住宅家賃の負担方法と個人所得税計算 住宅家賃の負担方法は、①会社が従業員に対して住宅手当を支給する方法と、②会社がアパートのオーナー等に対して直接家賃を支払う方法に分けられます。 …

ベトナム出張時に必須で最大一年まで滞在可能なビジネスビザについて

ベトナム出張時に必須で最大一年まで滞在可能なビジネスビザについて

更新日:2015年10月16日 / ライター:ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナムに出張する際に必要となるのがビジネスビザ。15日までの滞在であればビザが免除されますが、長期滞在する場合にはビザが必要になります。2015年より、観光ビザも有効期限が最長3ヶ月となり、それ以上滞在する場合はビジネスビザを取得する必要があります。 観光ビザを含むベトナムのビザ制度の一覧についてはこちらをご覧ください ベトナム到着時に空港でビジネス(業務)タイプのビザを取得する…

ベトナムのビザ・一時滞在許可証(テンポラリーレジデンス)の価格をまとめました

ベトナムのビザ・一時滞在許可証(テンポラリーレジデンス)の価格をまとめました

更新日:2017年1月30日 / ライター:ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナムのビザや一時滞在許可証取得にかかる値段をまとめました。 ベトナム国内でビザ及び一時滞在許可証を取得する場合 ベトナム国内でビザを取得する場合の価格は以下の通りです。(2017年1月現在) 種類 2015年11月23日以前の価格 価格 シングルビザ(すべての期間) 45ドル 25ドル 3ヶ月以下のマルチビザ 95ドル 50ドル 6ヶ…

ホーチミンのタンソンニャット国際空港での入国&ビザ取得案内完全ガイド

ホーチミンのタンソンニャット国際空港での入国&ビザ取得案内完全ガイド

更新日:2015年10月2日 (取材日:2015年9月22日) / ライター:aki

ホーチミンの玄関口であるタンソンニャット国際空港。2007年に日本の援助により作られた国際線ターミナルはコンパクトでとても綺麗なので迷うことも少ないとは思います。そう入っても初めての場所で入国審査や税関などを通らなくてはいけないので慣れていないと大変。 空港に行く前に写真で予習してから行きましょう。空港からタクシーに乗るまで、写真付きでガイドします。 飛行機を降りて空港ターミナルへ 飛行…

【ベトナム税法解説】第1回 入国初年度の課税期間について (通達111例題3)

【ベトナム税法解説】第1回 入国初年度の課税期間について (通達111例題3)

更新日:2015年9月21日 / ライター:石川 幸- Ko Ishikawa - : AGS代表

このコラムでは、ベトナム税法について、通達やオフィシャルレターといった公式な文書の例題を解説とともにご紹介いたします。これにより、具体的な適用場面をイメージしながらベトナム税制を学ぶことができると考えています。 今回は、ベトナム個人所得税について、通達111/2013TT-BTCから課税期間に関する例題3を解説いたします。 《例題3:入国初年度の課税期間について》 Bさんは201…

ベトナム全土を結んでいる長距離寝台バスに乗ってみよう

ベトナム全土を結んでいる長距離寝台バスに乗ってみよう

更新日:2015年8月21日 (取材日:2015年7月26日) / ライター:aki

ベトナムの国内の交通手段で一番メジャーなのが、バス。最近は飛行機も都市間移動手段としてメジャーになってきており、その他に南北統一鉄道などもありますが路線数が一番多くどこへでも行けるのがバス。 今回はベトナム国内移動でメジャーな寝台バスについて紹介します。 ベトナムの寝台バスについて ベトナムのバスは普通の観光バスタイプと寝台バスタイプがあり、寝台タイプのほうが少々(1割ほど)運賃…

涼しみにいくだけ?いやいや意外におもしろいホーチミンデパート特集

涼しみにいくだけ?いやいや意外におもしろいホーチミンデパート特集

更新日:2015年8月3日 (取材日:2015年7月17日) / ライター:渡邉みなみ(くらげ)

ホーチミンに立ち並ぶデパート。見た感じ入っているのは高級ブティック店ばかりで、それぞれのデパートにそんなに違いはないと思っていませんか?私もそう思っていたうちの1人でした。でも、それぞれのデパートをじっくり見てみるとデパートごとの違いがちょっとずつ見えてきた…ちょっとひやかしに行くにしても、どのデパートを選ぶか参考にしてもらえたらなと思います。 パークソン(PARKSON) ビンコムセ…

ホーチミンで日本の食材を買いたいときに便利なお店リスト

ホーチミンで日本の食材を買いたいときに便利なお店リスト

更新日:2015年7月31日 / ライター:aki

ベトナムに住んでいても日本の食材を買いたくなる時ってありますよね。今回はそんな時におすすめの日本食材を売っているお店をいくつか紹介します。欲しいものがあるときはこれらのお店をまわってみると見つかるかもしれません。 レタントン通り周辺 やはり一番多いのが日本人街であるレタントン通り周辺。 ファミリーマート スカイガーデン店 2015年現在日系コンビニナンバーワンのファミリーマートの旗艦店。他…

カンボジアのベトナム大使館でベトナムビザを取得する方法

カンボジアのベトナム大使館でベトナムビザを取得する方法

更新日:2016年2月2日 (取材日:2015年5月4日) / ライター:aki

在日本ベトナム大使館ではなく、もちろん他の国のベトナム大使館でもビザの取得が可能です。隣国のカンボジアのベトナム大使館でベトナムビザを取る方法を紹介します。 カンボジアのベトナム大使館・領事館 カンボジアには以下のベトナム大使館・領事館があります。 ベトナム大使館 プノンペン:436 Preah Monivong Blvd, Phnom Penh, Cambodia …

第一回 海外就職活動編 ~私が海外就職、そしてベトナムを選んだ理由~

第一回 海外就職活動編 ~私が海外就職、そしてベトナムを選んだ理由~

更新日:2015年5月20日 / ライター:宮原優紀・木須琴弓

「ベトナムで働く」と聞いて、イメージがパッと浮かんでくる方は少ないと思います。そこで、私達が担当するのコラムでは、どうやって海外就職するの?そもそもベトナムってどんな国?在住日本人の暮らしってどんなもの?と自らが日本にいた時に疑問であったこと、そしてこちらに来て身をもって経験したことをお届けしていきます。 皆さんがベトナムを面白い!行ってみたい!と感じて頂けるよう、海外就職活動・生活…

オンラインで招聘状を申請しベトナム到着時に空港でアライバル観光ビザを取得する方法

オンラインで招聘状を申請しベトナム到着時に空港でアライバル観光ビザを取得する方法

更新日:2019年4月10日 (取材日:2015年2月1日) / ライター:ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナムに15日以上滞在する場合はビザが必要となります。2015年の法改正で15日のビザ免除プログラムも30日以内に再入国する場合は使えなくなりました。そういった場合はビザを入国前に取得する必要があり、日本にあるベトナム領事館で取得することもできますが、アライバルビザを空港で取得することも可能です。本ページでは3ヶ月まで取得可能な観光ビザをご案内しております。1年まで取得可能なビジネスビザはこちら…

【ベトナムビジネスQ&A】国際税務やその他会社運営上で気をつけたいポイント

【ベトナムビジネスQ&A】国際税務やその他会社運営上で気をつけたいポイント

更新日:2015年2月3日 / ライター:石川 幸- Ko Ishikawa - : AGS代表

国際税務においては、移転価格税制など、複数国にまたがるコンフリクトが発生する可能性があります。そこで、ベトナム税制について考える際にも、日本あるいは第三国の税制と合わせグループにおける各国の位置づけや商流等を総合的に考慮し、全体の最適化を図ることが大切となります。 前回は基本的な税(個人所得税・法人所得税・外国契約者税・付加価値税・事業登録税)についてご紹介しましたが、今回はそれ以外に気をつ…

ベトナムの個人所得税(PIT: Personal Income Tax)の情報をまとめました

ベトナムの個人所得税(PIT: Personal Income Tax)の情報をまとめました

更新日:2015年1月9日 / ライター:ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナムの個人所得税(PIT: Personal Income Tax)についてまとめました。日本と同じ累進課税を採用している個人所得税ですが、色々とわかりにくいことも多いのも事実です。ベトナムで事業を行うにあたり、是非読んでおきたい内容です。 ちなみに、所得税以外の税金についてはこちらで解説しています。 個人所得税の手続きについて 確定申告及び納付について 課税対象について …

【ベトナムビジネスQ&A】ベトナムの税金制度概要~個人所得税・法人所得税・外国契約者税・付加価値税・事業登録税とは~

【ベトナムビジネスQ&A】ベトナムの税金制度概要~個人所得税・法人所得税・外国契約者税・付加価値税・事業登録税とは~

更新日:2015年1月8日 / ライター:石川 幸- Ko Ishikawa - : AGS代表

今回はベトナムでビジネスを行うにあたって絶対に知っておきたい税金についてまとめました。 ベトナム税制の概要 ベトナムの税制には、法人所得税(CIT)、個人所得税(PIT)、付加価値税(VAT)等があり、それぞれ日本の法人税、所得税、消費税に類似しています。 ベトナムの税制は頻繁に改正されることから、最新情報のキャッチアップが難しく、また、細則規定が十分に整備されていないことから、運用面で…

【ベトナムビジネスQ&A】VAT(付加価値税)に関する気になることをまとめました

【ベトナムビジネスQ&A】VAT(付加価値税)に関する気になることをまとめました

更新日:2014年12月20日 / ライター:石川 幸- Ko Ishikawa - : AGS代表

今回はお客様からのご質問が多い付加価値税(VAT)に関連した事項についてお伝えさせて頂きます。VATに必要なレッドインボイスについてはこちらをお読みください。 VAT(付加価値税)の還付を受ける為の条件を教えてください。 VATとは、基本的には日本の消費税に該当するようなもので、課税の対象となる物品やサービスに関するベトナム国内取引に対して課される税金でございます。ベトナム国内への輸入時は課税…

【ベトナムビジネスQ&A】個人所得税における日本とベトナムの双方居住者問題の解決策

【ベトナムビジネスQ&A】個人所得税における日本とベトナムの双方居住者問題の解決策

更新日:2014年12月10日 / ライター:aki

前回に引き続き、双方居住者問題について解説します。日本とベトナムで居住者の定義が異なる為、双方の国で居住者と判定されてしまう場合がある事は前回お伝えさせて頂きました。 日越租税条約を基づく双方居住者問題の解決 こういった場合は、日越租税条約を基に解決を図る事となります。日越租税条約4条2項では以下のように規定されております。 双方の締約国の居住者に該当する個人については、次のとおりその地…

【ベトナムビジネスQ&A】個人所得税における日本とベトナムの双方居住者問題とは?

【ベトナムビジネスQ&A】個人所得税における日本とベトナムの双方居住者問題とは?

更新日:2014年12月1日 / ライター:石川 幸- Ko Ishikawa - : AGS代表

前回まで個人所得税について解説してまいりましたが、今回からは双方居住者の問題についてお伝え致します。まずは双方居住者の問題とはどのように発生するのかという事についてです。 日本・ベトナムの双方で居住者と判定されるケース 日本とベトナムでは、個人所得税上の居住者の定義が異なります。従いまして、場合によっては、日本とベトナムの双方で居住者と認定されてしまう事がございます。 日本の居住者の定義 …

Facebookページで最新情報をチェック




アクセスランキング