ベトナムから日本に国際電話をかけるにはどうしたら良い?コレクトコールは?

ベトナムから日本に国際電話をかけるにはどうしたら良い?コレクトコールは?

更新日:2016年1月22日 / ライター: aki

ベトナムに長く滞在すると、ベトナムから日本へ電話をかけることも増えて来るかもしれません。短期滞在の場合も海外旅行保険や家族との連絡などでベトナムから電話をかける機会があるでしょう。そんな国際電話の掛け方をこの記事では紹介します。いざというときに焦らないように事前に読んでおくことをおすすめします。

国際電話の掛け方

国際電話をかける特に必要になるのが国番号。日本は「81」、ベトナムは「84」です。たまにベトナムの電話番号が84から始まっているものを見ることもあるかと思いますが、それは国番号を含めた電話番号を記載しているためです。

国番号の後に本来の番号をつけて発信するのですが、国番号を付ける場合は0を外します。というのも、日本やベトナムを含む多くの国で国内通話の場合は先頭に0をつける、というルールになっているためです。ですので、国際電話を掛ける場合は以下の様な番号になります。

  • 03-aaaa-aaaa → +81-3-aaaa-aaaa
  • 090-bbbb-bbbb → +81-90-bbbb-bbbb

ベトナムの番号の場合は、以下のようになります。

  • 04-xxxx-xxxx → +84-4-xxxx-xxxx
  • 012-yyyy-yyyy → +84-12-yyyy-yyyy

+(プラス)記号は電話機にもよりますが0(ゼロ)の長押しなどで入力可能です。このプラス記号も必要なので忘れないようにしてください。なお、国際電話はフリーダイヤルやナビダイヤルには掛けることができません。

携帯会社Mobifoneの場合、日本への通話料金は1分約4000ドン(約22円)程と、日本国内の携帯料金よりも安いくらいなので気軽に利用することができます。

コレクトコールの掛け方

次にコレクトコールの掛け方を紹介します。海外旅行保険やクレジットカード会社に連絡する際に「コレクトコールをご利用ください」と書かれている場合はコレクトコールの利用が可能です。

コレクトコールって?

コレクトコールとは着信者が通話料を負担する電話のことです。日本国内で言うフリーダイヤルのようなものです。コレクトコール専用番号に掛け、交換手に相手先電話番号を伝えて、その通話先につなげてもらうことになります。交換手に番号を告げた後に着信を待つタイプのコレクトコールもあるので、自分の電話番号を確認した後に連絡すると確実でしょう。

着信料を受信者が負担するので、受信者が着信を拒否することもあります。相手がコレクトコールを勧めている場合のみ使うのが確実です。

KDDIジャパンダイレクトでコレクトコールをかけよう

ベトナムではKDDIがKDDIジャパンダイレクトというサービスで日本語でのコレクトコールサービスを行っています。電話番号は以下のとおり。

  • KDDIジャパンダイレクト:120-81-0010
    ※ベトナムの電話からこの番号にそのまま発信します。

ゼロから始まっていないのですが、気にせずベトナムの電話から発信してください。日本語のアナウンスが流れ、指示に従っていれば相手先への通話が可能です。通話料は相手が支払うことになっているので、通話料の負担もありません。ただ、通常の通話料金に比べると高い通話料金になるので、基本的には保険会社やクレジットカード会社など相手から指示があった場合に使いましょう。

ライター情報

aki

aki

旅をするように生きていたい、そう思っていたら気づくとホーチミンにいました。本業の傍ら、ベトナム観光・生活情報ナビ、Samurai Cafe Saigonをやったりしています。ベトナム・ホーチミンから、日本とは一味違うベトナムの日常をお届けします。

akiが書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「携帯電話・インターネット・郵便」新着記事一覧

「携帯電話・インターネット・郵便」の記事一覧を見る

アクセスランキング