ベトナム建国の父の父「グエン・シン・サック」遺跡を訪れる

ベトナム建国の父の父「グエン・シン・サック」遺跡を訪れる

更新日:2016年3月21日 (取材日:2016年3月21日) / ライター: aki

ベトナム建国の父ホーチミンさんはベトナム好きなら誰もが知っているかと思いますが、その父親であるグエン・シン・サックさんもこの国では英雄としてよく知られています。科挙に合格して寺子屋の先生をして過ごしていたというグエン・シン・サックさんの遺跡がドンタップ省カオラン市(Cao Lanh City, Dong Thap Province)にあります。

グエン・シン・サックさん

グエン・シン・サックさん

グエン・シン・サックさんの墓

遺跡公園の中にグエン・シン・サックさんのお墓があります。ベトナムの施設なのでお昼休みが2時間(11:30-1:30)あるので注意しましょう。

グエン・シン・サックさんの墓へ

グエン・シン・サックさんの墓へ

入場料などは一切かかりません。そのまま中にはいれます。

奥にお墓があります

奥にお墓があります

中に入ると空高くベトナム国旗が掲げられており、その奥には星形の池があります。とても広いのですが気が引き締まります。そのさらに奥にあるのがお墓です。

グエン・シン・サックさんのお墓

グエン・シン・サックさんのお墓

こちらがグエン・シン・サックさんのお墓。とても綺麗に手入れされていました。一番上の段まで登る場合は靴を脱ぐようベトナム語で書かれているので注意してください。

グエン・シン・サック殿

グエン・シン・サック殿

こちらはグエン・シン・サック殿。

大事に祀られています

大事に祀られています

こちらも靴を脱いで入ります。伝統的な色合いのアオザイに身を包んだ男性職員がいました。男性のアオザイはなかなか見る機会がないのですが、ここがベトナムの伝統と深く関わっている施設ということを思い出させてくれます。

活動のパネルが貼られている会議場

活動のパネルが貼られている会議場

その隣には会議場のようなスペースがありました。奥のパネルにはこの遺跡で行われた活動についての展示があります。

グエン・シン・サックさんの博物館

お墓の隣にグエン・シン・サックさんについて展示している建物があります。

展示場

展示場

ここも入場無料でそのまま入れます。

銅像がお出迎え

銅像がお出迎え

入ると光り輝く銅像がお出迎えしてくれました。

交友関係などの展示

交友関係などの展示

当時の交友関係や住んでいていた家の模型などが展示されています。この模型はゲアン省にあるホーチミンさんが幼少時を過ごした家を模しています。

家族で歩いている様子

家族で歩いている様子

家族で歩いている様子。父親がグエン・シン・サックさんです。ホーチミンさんは第3子なのですが、この模型にいたかどうかはわかりません。妻であるLoanさんは第4子の出産翌年に亡くなっており、そのお墓はゲアン省にあります。

フランス側資料など盛り沢山

フランス側資料など盛り沢山

フランス側が極秘に調査をしていたレポートなどもあり内容は盛りだくさんです。それぞれの写真、模型にはベトナム語のほか英語の説明もついていますが、長文の説明文やフランス語の訳などはベトナム語しかありませんでした。写真がたくさんあるのでベトナム語がわからなくともなんとなくわかるかもしれません。1900年台前半のベトナムの歴史を知っているとわかりやすいです。

展示されているゲアン省の施設の紹介はこちら。合わせてご覧ください。

50万ドン札の絵柄になっているホーチミンさんの生まれ故郷に行ってきました
50万ドン札の絵柄になっているホーチミンさんの生まれ故郷に行ってきました

ホーチミン故国家主席の故郷であるゲアン省。前回はホーチミンさんの母親の墓を紹介しました。今回はホーチミンさんの生まれ故郷を紹介します。ベトナムの最高額紙幣、50万ドン札の絵柄にもなっています。 ホーチミンさんの故郷へ ゲアン省の省都ヴィン(Vinh)からバイクで30分ほどのと…

ゲアン省にあるホーチミンさんの母親の墓を訪ねてみませんか?
ゲアン省にあるホーチミンさんの母親の墓を訪ねてみませんか?

ベトナム北中部ゲアン省にホーチミン故国家主席の故郷があります。その故郷一体が観光地として公開されているのですが、今回はその中の一つであるホーチミンさんの母親の墓を紹介します。正式名称はモバーホアンティロアン(Mộ bà Hoàng Thị Loan)。ホアンティロアンさんの墓、と…

遺跡にある他の施設

広い遺跡の中には他にもいくつかの見どころがあるので見逃さないようにしましょう。この記事の最初に登場した大きな像も公園内にあります。

ナムヤオ(Nam Giao)さんの家

ナムヤオ(Nam Giao)さんの家

こちらはグエン・シン・サックさんが幼少期にお世話になったナムヤオさんの家。

家の中を見ることもできます

家の中を見ることもできます

家の中には入れないのですが覗くことができます。実際にここに住んだらどんな生活になるか考えてみると、当時の質素な生活がよくわかります。

この地域の伝統住宅

この地域の伝統住宅

こちらはこの地域の伝統住宅。大きなベランダがあるのが特徴的。

タバコを作る様子

タバコを作る様子

タバコを作っている様子。

米を処理する様子

米を処理する様子

やはりここはメコンデルタ、稲作は欠かせません。

伝統的な橋

伝統的な橋

今も郊外にたくさん架けられている簡易的な橋。

猿橋も体験できます

猿橋も体験できます

いわゆる「猿橋」という橋で、これもベトナムの田舎では普通に生活道路として使われていて、これを通って学校に行く子供も多くいるそうです。そんな猿橋を渡る体験もできます。

緑に囲まれたカフェ

緑に囲まれたカフェ

敷地内にはカフェもいくつかありました。どれもとっても安いのが嬉しいです。

ドンタップ省のゆるキャラ?

ドンタップ省のゆるキャラ?

ドンタップ省のゆるキャラのようなキャラクターの販売もありました。

お墓以外にもたくさんの見所があるグエン・シン・サック遺跡、ドンタップ省の省都であるカオラン市にあります。近くに来る時があれば是非訪れてみたいスポットです。

 

ライター情報

aki

aki

旅をするように生きていたい、そう思っていたら気づくとホーチミンにいました。本業の傍ら、ベトナム観光・生活情報ナビ、Samurai Cafe Saigonをやったりしています。ベトナム・ホーチミンから、日本とは一味違うベトナムの日常をお届けします。

akiが書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「メコンデルタ観光ガイド」新着記事一覧

「メコンデルタ観光ガイド」の記事一覧を見る

「歴史上の人物」新着記事一覧

「歴史上の人物」の記事一覧を見る

アクセスランキング