2016年テト(旧正月)のホーチミンのフラワーロードの紹介

2016年テト(旧正月)のホーチミンのフラワーロードの紹介

更新日:2016年2月10日 (取材日:2016年2月9日) / ライター: aki

毎年テト(旧正月)恒例のフラワーロードが今年もホーチミン市のグエンフエ通りで開催されています。日中から日たくさんの人でにぎわい、夜はライトアップされているこのフラワーロードの様子をお伝えします。

グエンフエフラワーロード2016

グエンフエフラワーロード2016

フラワーロードの色とりどりの花壇

グエンフエ通りの北側、ホーチミン市人民委員会庁舎前のホーチミン像の前には黄色いテトの花が並んでいます。

黄色い花が飾られた人民委員会庁舎

黄色い花が飾られた人民委員会庁舎

ここから川までの区間がフラワーロードとなり、車道部分も含めてテト期間中は歩行者天国になっています。

では、フラワーロードを歩いてみましょう

では、フラワーロードを歩いてみましょう

フラワーロードはたくさんの人で賑わっています。スリやひったくりには十分注意して歩きましょう。

今年は申(猿)年。

今年は申(猿)年。

今年は申年なので猿のオブジェがいくつかありました。

色とりどりの花壇が続きます

色とりどりの花壇が続きます

色とりどりの花で彩られた花壇が続きます。花壇ごとにそれぞれテーマが違っているので見ていて飽きません。

どこかの国にありそう・・・

どこかの国にありそう・・・

現地の方々はみな写真撮影を楽しんでいます。ベトナムでも自撮り棒を目にする機会が増えましたが、友達に撮ってもらうなど交代で撮りあっている様子を多く見ました。

べスパの彫刻

べスパの彫刻

べスパに乗っている石の彫刻。ノーヘルなのは気にしないでおきましょう。

ちょっとしたトリック写真が撮れそう

ちょっとしたトリック写真が撮れそう

工夫次第で面白い写真が撮れそうな鏡のエリア。

キャンプをイメージしたエリア

キャンプをイメージしたエリア

ここはキャンプのイメージなのでしょうか、北国のイメージなのでしょうか。ちなみに、ベトナムでは針葉樹を見ることはほとんどありません。

花でできた地球

花でできた地球

川沿いのASEAN国旗が並ぶ直前には花で作られた地球儀がありました。ベトナムの部分は周りよりも濃い色の花で目立つようになっています。

猿の王国

猿の王国

猿のオブジェが出現。奥は農村のイメージでしょうか。更に奥は船が浮いています。

鶴と富士山

鶴と富士山

鶴と富士山のように見えるアート。

都市型農業を行う会社の展示

都市型農業を行う会社の展示

都市型農業を行う企業の展示もあり、メロンやミニトマトなどの作物が実っています。

夜のライトアップも美しい

夜のライトアップも美しい

このフラワーロード、夜はライトアップされて昼とはまた違う姿を見せます。臨時の街灯も追加されており、場所にもよりますがとても明るくなっています。

夜のほうが人出が増えます

夜のほうが人出が増えます

ちなみに、夜のほうが人出が増え、前に進むのも大変なほどになるので要注意。本当にスリやひったくりには気をつけてください。

フラワーロードと同時に行われている展示

フラワーロードの脇では様々な展示が行われていました。

ホーチミン市の発展に関する展示

ホーチミン市の発展の紹介

ホーチミン市の発展の紹介

ホーチミン市のインフラの発展についての紹介。この写真はすでに完成したものを紹介しています。

ホーチミン市広域の未来図

ホーチミン市広域の未来図

こちらはホーチミン市の未来図。中央奥、川の向こうに見えるビル群が現在の1区中心部。手前の半島が現在開発が行われている2区トゥーティエム新都市区です。

2区トゥーティエム地区の未来図

2区トゥーティエム地区の未来図

トゥーティエム新都市区の詳細な模型もありました。このエリアでは道路や建物の建設が急ピッチで進められています。

メトロ1号線の駅模型

メトロ1号線の駅模型

メトロ1号線の駅の模型。メトロ1号線はすでに一部橋脚がつながり始めており、2020年の全線開通の予定で工事が進められています。

ASEANの活動紹介

ASEANの活動紹介

ASEANの活動紹介

こちらはASEANの活動紹介。2015年12月31日にASEAN経済共同体(AEC)が発足してベトナムもそのメンバーです。

故ホー・チ・ミン氏の紹介

故ホーチミン氏の実績紹介

故ホーチミン氏の実績紹介

ホー・チ・ミン氏がフランスに渡り勉強したことなど、彼の足あとに関する展示です。ホーチミン市という名前になった40年記念とも書かれています。

チュオンサ諸島の紹介

チュオンサ諸島の展示

チュオンサ諸島の展示

領有権を争ってるチュオンサ諸島に関する展示。チュオンサ諸島は英語ではスプラトリー諸島、中国語では南沙諸島と呼ばれています。夜はとても明るくライトアップされて遠くからも目立つようになっていました。

書道作品の販売

ベトナム書道作品の販売

ベトナム書道作品の販売

ベトナムの書道(トゥーファップ/Thu Phap)の販売。正月の縁起物として購入するそうです。

ブックストリート

ブックストリートもありました。

本通り

本通り

様々な本が並べられています。展示に関する本として、ホー・チ・ミン氏に関するもの、チュオンサ諸島に関するもの、ホーチミン市の都市計画や写真の本なども多く置かれていました。

やはり日本の漫画は人気です

やはり日本の漫画は人気です

日本の本を探すと名探偵コナンが積んでありました。この先にはクレヨンしんちゃんも平積みされています。

1Q84も人気のようです

1Q84も人気のようです

村上春樹の1Q84のトートバック。村上春樹はベトナムでも人気のようです。

歩き疲れたらカフェで休憩しよう

人混みの中を歩くのは疲れるものですが、グエンフエ通りにはたくさんのカフェがあるので歩き疲れたら休憩しましょう。歩行者天国になって沢山の人が集まるようになっているので、普段は見られないカフェもありまいした。

ホテルも路上にカフェを広げています

ホテルも路上にカフェを広げています

ホテルの前の歩道ではホテルの中のカフェが路上に進出。ちょっとゴージャスな雰囲気が出ています。ホテルのカフェなのでお値段も高め。

ネスレのカフェ

ネスレのカフェ

ネスレのカフェもありました。インスタントコーヒーの販促を行っているようです。

気持ちよく休憩・食事できます

気持ちよく休憩・食事できます

こちらは歩道に拡張されたレストラン「ロングバー」からの写真。この季節は暑すぎずに気持ちよく過ごすことができます。人が多いので注文したものが出るまで3,40分かかると案内がありました。とても混んでいるので余裕を持って注文したいところです。

フラワーロードのスポンサー

フラワーロードはこれらのスポンサーの提供とのこと。

スポンサー一覧

スポンサー一覧

メインスポンサーはサイゴンツーリスト、ほとんどがベトナム企業で日系企業ではサントリーペプシコが唯一入っていました。

毎年行われているホーチミン市のフラワーロード、テトでもこんなにもたくさんの人がホーチミン市にいたのかと驚かされるのと共に、意外と色々と見て楽しめます。3回目ですが、スリ・ひったくりには十分気をつけましょう。テトをホーチミンでお過ごしの方、是非訪れてみてください。

ライター情報

aki

aki

旅をするように生きていたい、そう思っていたら気づくとホーチミンにいました。本業の傍ら、ベトナム観光・生活情報ナビ、Samurai Cafe Saigonをやったりしています。ベトナム・ホーチミンから、日本とは一味違うベトナムの日常をお届けします。

akiが書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「イベントレポート」新着記事一覧

「イベントレポート」の記事一覧を見る

「ホーチミン観光ガイド」新着記事一覧

「ホーチミン観光ガイド」の記事一覧を見る

アクセスランキング