ベトナムの夜行列車に乗ってダナンに行ってきました(後編)

ベトナムの夜行列車に乗ってダナンに行ってきました(後編)

更新日:2013年5月8日 (取材日:2013年4月28日) / ライター: aki

ベトナムの電車「南北統一鉄道」はハノイからホーチミンを結ぶ総延長1726kmの路線です。ホーチミン・ハノイ間は飛行機で2時間強なのに対し、電車では30時間ほどかかるので通常の旅行者が乗ることはめったにないでしょう。今回ホーチミンからダナンまでの935kmを電車で旅してきました。所要時間は時刻表では15時間30分です。

今回は前編からの続きです!まだお読みでないかたは是非前編からお読みください

ベトナム統一鉄道の車窓から

起きると朝になっていました。早朝着のニャチャン駅はもう通り過ぎたようです。

ベトナム統一鉄道の車窓その1

車窓からは水田が広がっている風景が見えました。

電車の窓は茶色く、景色が少し濁って見えるのが残念です。車窓にはベトナムの田舎の風景がありました。広がる水田、線路に隣接した集落、自転車で駆ける子どもたち。しかし集落はどれも小さく、すぐに水田の風景に戻ってしまいます。

ベトナム統一鉄道の車窓その2

車窓からは手付かずの川が見えました。

車窓からとても静かな川も見えました。いつかこういう所でのんびりする旅行に行ってみたいです。

プレスチック椅子席

前編でプラスチックの椅子の席があると書きましたが、僕自身どんな席なんだろう?と気になっていました。これです。

廊下に並ぶプラスチック席

廊下にはプラスチック席が並んでいました。

路上の食堂でよく見るプラスチックの椅子です。電車の中にこの椅子で座るためのチケットだったんですね!本を読んだり、ゲームをしたり思い思いに時間を過ごしていました。何時間座っているんだろう・・・・。

客室に入り込むプラスチック席

客室に入り込んできてます。

客室にも入り込んできます。室内のベトナム人と談笑しているから知り合いかなと思ったのですが違う駅で降りていきました。客室内は和気藹々として、僕にも色々と話しかけてきます。外国人だと気づいたあとも、日本語を勉強しているというベトナム人が話しかけて来ました。他人同士ですが一緒に旅行しているような感覚です。これがベトナムの距離感なんでしょう。

途中停車駅の様子

午前9時40分、約30分遅れでDieu Tri駅に到着しました。クイニョン市に近い、ダナンとニャチャンの間にある駅です。

駅の様子

ベトナムの駅の様子です。線路の上を皆歩いています。

みんな線路の上を歩いていますが、電車が複数入線したした時はこの線路も使うのでしょう。10分強の停車。かなりの乗客が降りてきています。

駅のホームの売店

駅のホームには沢山の売店があります。

駅には沢山の売店が並び、どの店も大きな声で客引きをしています。電車が来た時だけ客が来るので必死です。

駅で給水

駅では列車に給水しています。

駅では電車に給水もします。車内の水道が使えるのはこういうことだったんですね。めっちゃ漏れてますが。笑
ちなみにトイレは水洗ではなく、線路にそのまま・・・・・です。

車内販売

車内販売も行われています。カートを押しながらプラスチック椅子乗客もいる通路を進みます。ちゃんとカートが来るとみんな避けるんですね。

車内販売のカート

車内販売のカートです。色々なものが何回かに分けて回ってきます。

こんなカートで売りに来ます。喉が渇いたのでコーヒーを頼んでみました。

普通のベトナムコーヒー

普通のベトナムコーヒーでした。

ふつうに美味しいベトナムコーヒーでした。隣の揚げた赤い米は周りの乗客が購入したものですが、美味しかったです。
お腹がすいたので昼食も注文しました。Dieu Tri駅の到着前に注文を取りに回ってきました。すぐ来ると思ったのでご飯を注文。しかし駅に停車しても来ない。ここで買えばよかったかな・・・。出発してしばらくしてご飯到着。きっとさっきの駅で買ってきたのだと思います。ああ、お腹すいた。

食事を持ってくるスタッフ

ええっと、この席は・・・

食事を持ってくるスタッフ2

どれだったっけな・・・

食事を持ってくるスタッフ

はい、どうぞ!

車内食

bo xao(牛肉炒め)定食!

見た目はベトナムによくある弁当です。味は結構美味しかったです。しかしご飯を注文している人はほとんどいませんでした。やはりさっきの駅で食べるのが正解だったかな。

ダナン駅に到着

ダナン駅が近づくとアナウンスもないのに乗客たちが降りる準備をはじめました。

ダナン到着を待つ乗客

ダナン到着を待つ乗客たち。

そして15時、定刻から30分ほど遅れてダナン駅に到着しました。

ダナン駅ホーム

ダナン駅のホームは降りてきた乗客でいっぱい。

駅を出る時に切符をチェック。ちゃんと改札しているんですね。ということで所要時間約16時間でダナンに到着しました!!

ダナン駅前

ダナン駅前はタクシーが待ち構えていました。

ダナン駅

ダナン駅です。

感想

実は3Gがほぼずっと使えたのでたまにパソコンを付けて作業したりと、意外と退屈しない16時間でした。ただ、飛行機と同じ金額なので、時間があるときしかなかなかできないですね。それでも、鉄道の旅には鉄道の旅の良さがあり、好きです。ホーチミン、ニャチャン間は夜行6時間で到着するので意外と一番時間を有効活用できるかも?

ベトナム統一鉄道、お勧めです。乗り方などの詳細はこちらの記事を参考にしてください。

ライター情報

aki

aki

旅をするように生きていたい、そう思っていたら気づくとホーチミンにいました。本業の傍ら、ベトナム観光・生活情報ナビ、Samurai Cafe Saigonをやったりしています。ベトナム・ホーチミンから、日本とは一味違うベトナムの日常をお届けします。

akiが書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「インフラ」新着記事一覧

「インフラ」の記事一覧を見る

「ダナン観光ガイド」新着記事一覧

「ダナン観光ガイド」の記事一覧を見る

「鉄道旅行観光ガイド」新着記事一覧

「鉄道旅行観光ガイド」の記事一覧を見る

アクセスランキング