ダナンからのツーリング ~第4話(完結):故都フエと東南アジア最長のハイヴァントンネル~

ダナンからのツーリング ~第4話(完結):故都フエと東南アジア最長のハイヴァントンネル~

更新日:2013年8月9日 (取材日:2013年5月4日) / ライター: aki

前回の記事、
ダナンからのツーリング ~第1話:1号線を北上せよ~
ダナンからのツーリング ~第2話:世界最大の洞窟に潜入~
ダナンからのツーリング ~第3話:ベトナム戦争の遺構に触れる~」からの続きです。今回で完結します!長かった・・・
前回はベトナム戦争の遺構であるDMZ地帯からベトナムの古都、世界遺産のフエへと向かいました。今回はフエを観光してダナンに戻ります。

フエの朝を楽しむ

朝、起きるとリゾートホテルに泊まっていたことを思い出しました。なかなか1000円以上の宿に泊まることはないので快適です。と言っても、当日特別割引で2000円でしたが・・・。

フエと行ったらブンボーフエ!

朝ごはんはフエの名物ブンボーフエ!

朝ごはんはブンボーフエ!フエの名物のちょっと辛い麺料理です。美味しいです!ごはんを食べると目の前には温泉が。これは入るしかない!

朝から温泉。幸せ♪

ご飯のあとは朝から温泉。幸せ~♪

プールのように見えますが、ちゃんとした温泉!

昼間も綺麗な温泉です

昼間も綺麗な温泉です。

朝から大浴場でゆったり。最高の朝の過ごし方です。こんなことをしているからいつも夜遅くまでバイクを走らせることになるのですが。。笑

フエ市内観光へ!

温泉でゆったりした後は観光に出かけましょう!!バイクで走り始めると、道路の両脇が黄色くなっていたので思わず写真を取りました。どうやら米を干しているようです。これ、複数人が作業しているのですが、共同でやってるのでしょうか。

道路に米が干してありました。

普通に道路で干すんですね。

フエ市内に向かう道は沢山のバイクで賑わっていました。ベトナムはどこに行っても活気に満ち溢れていて良いですね!

旧市街へ

旧市街に入っていきます!

旧市街に入り、観光開始!!・・・なのですが、フエ観光についてはこちらのページをご覧ください。笑

Hue(フエ) – ベトナム最後の王朝を今に残す古都
Hue(フエ) – ベトナム最後の王朝を今に残す古都

フエはベトナム中部に位置しており、1993年にベトナム最初の世界遺産として登録された街です。空港もありますが2013年11月末まで拡張工事のため閉鎖されています。また、ベトナム南北統一鉄道も通っており、アクセスの良い立地にあります。 世界遺産を除いてしまえは田舎町。街郊外の…

ちなみに、王宮、ティエンムー寺、トゥドゥック帝廟、ミンマン帝廟、カイディン帝廟に行きました。バイクだったから良かったのですが、意外と広範囲です。地球の歩き方の地図では迷ってしまいますのでご注意ください。他の地図を持っていなかったので、町の人に何度も聞いてたどり着きました。こういうことを考えると、どうせ同じ所回るなら現地ツアーが楽ですよね。私の場合はバイクを運転したいのでアレですが、そうでもなければツアーが良いと思います!はい、そのくらい迷ったということです。。

観光以外では、やはり欠かせないのが食事。フエにきたらフエ料理を楽しみましょう!!ということでローカルレストランに入ってみました。

フエ料理

フエ料理はとっても美味しくてオススメです。

これが美味しいんです!適当に入ったお店でも美味しいというのがベトナムのいいところ。フエ料理も3箇所で食べましたがどこも美味しかったです。料理の種類は沢山あるので、いつも店員さんのおすすめを聞いています。

フエで売られていた線香

色とりどりの線香が売られていました。

観光めぐりをしている最中、線香店に出会うことが多かったです。フエはお寺も多く、王宮内にも寺があるように仏教遺跡も沢山あるのでしょう。日本の線香とは違い、色とりどりに、キレイに並んでいました。

それにしても、予想はしていたのですが1日じゃ全然足りないですね。まだまだ行きたいところがいっぱいあります。フエは3日位あるとゆっくりと落ち着いて楽しめる気がします。

フエからハイヴァントンネルを通ってダナンへ

フエ観光を終えたのは17時。ダナンまでは約120キロの旅です。21時頃には帰れるかな~と思っていました。google mapを見ると、国道1号線のルートよりも海岸沿いの国道40号線の方がちょっと距離が短いようです。地図上で太い道だから大丈夫かなと思ったのですが・・・これが大失敗。車がすれ違うのがやっとのような山道が延々と続くのでした。途中からは雨も降りだして大変。もしバイクで行こうと考えている方は1号線をおすすめします。

ダナンから増えへ北上した時は峠を越えたのですが、今回は既に21時であたりが真っ暗で雨も降っていたのでハイヴァントンネルを通って帰ることにします。全長6280mの、東南アジア最長のトンネル(*)です。しかしこのトンネルは2輪車通行禁止。トンネル入口までバイクで向かうと、追い返してしまいました。指示された方角に向かうと見慣れない電車のホームのようなバスターミナルが。

ハンヴァントウゲ津野リアば

電車の駅のようなバスターミナルです。

ターミナルのチケットカウンターで料金を支払います。

ハイヴァントンネルチケット

バイク、乗客それぞれのtケットを購入します。

バイク1代が5万ドン、人は一人あたり8000ドンです。十分安いのですが、車の場合のトンネル通行料のほうがもっと安いと考えるとうーん、どうなんでしょう。バスとトラックはピストン輸送で複数台が回っていましたが、それでも最大で20分ほど待たなければいけないかもしれません。今回も待ち時間が15分ほどありました。雨の中走ってきた疲れをには食べよう!と思って食べたのですが、正直私の口には合いませんでした・・・。

ハイヴァントンネル待合室の屋台

バスターミナル内で営業している方が居ました。英語は通じません。。

バスの発車時間になりました。バイクをトラックに積んでいきます。トラックにバイクが積まれたのを見届けてバスに乗ります。

トラックに積まれるバイク

バイクはトラックに積み、乗客はバスで移動します。

そしていよいよと東南アジア最大のトンネル(*)へ!

ハイヴァントンネル内

立派なトンネルです!さすが日本の技術。

トンネルはさすが日本製!といったところでしょうか。トンネルを抜けた先のターミナルでバイクをトラックから降ろして終了。そして21時30分、ダナンに到着しました。3日間のツーリングで800kmものベトナムの大地を駆けまわりました。ベトナムツーリング、最高です!!

(*)東南アジア最長の道路トンネルだったのですが、シンガポールの高速道路に抜かれてしまいまい、現在は最長ではありません。

バックナンバー

ライター情報

aki

aki

旅をするように生きていたい、そう思っていたら気づくとホーチミンにいました。本業の傍ら、ベトナム観光・生活情報ナビ、Samurai Cafe Saigonをやったりしています。ベトナム・ホーチミンから、日本とは一味違うベトナムの日常をお届けします。

akiが書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「ベトナムツーリング」新着記事一覧

「ベトナムツーリング」の記事一覧を見る

アクセスランキング