ベトナムDMZ – 22年間に渡る南北分断の歴史を今に残す地域

ベトナムDMZ – 22年間に渡る南北分断の歴史を今に残す地域

ベトナムといえばベトナム戦争を思い浮かべる人も少なくないでしょう。ベトナムは1954年のジュネーブ協定により南北に分断された後1976年の南北統一(終戦は1975年)までの22年間にわたって南北に分断されていました。DMZはDe-Military Zone(非武装地帯)という意味で、戦時中の境界線に作られます。ベトナムでは北緯17度線付近のベンハイ川周辺が指定されました。

この地域は当時南北の各軍が激戦を繰り広げた地域であり、今も当時の爪痕が残っています。ベトナムの歴史を語る上で避けては通れないベトナム戦争を現地で見ることはとてもいい経験になると思います。DMZは世界遺産の街・フエからの観光ツアーも催行されており、欧米人を中心に人気になっています。

近隣には古都フエ世界最大級の洞窟があるフォンニャケバン国立公園などの世界遺産も多く、同時に訪れるのも良いでしょう。

DMZへの交通

国道1号線

DMZへは国道1号線からアクセスします。

DMZはベトナム中部のQuang Tri(クアン・チ)省にあります。一般的な観光としてはフエからの観光ツアーの利用が多いです。フエからDMZは200kmほどに位置しており、日帰りバスツアーで訪れることができます。

電車やバスで訪問する場合はQuang Tri省の省都であるDong Ha(ドンハ)という街を目指すことになります。鉄道での所要時間はホーチミンからは25時間、ハノイからは10時間程度です。ちなみに、ドンハからはラオスのサワンナケートまで国際バスが運行されています。ドンハから各DMZの見どころへのツアーは無く、タクシーやレンタバイクでの訪問となります。レンタバイクで訪れるのが色々と見て回れて一番お勧めですが、100km以上走行することになるのでフエからの観光ツアーを利用すると良いでしょう。

DMZの魅力

DMZで外せないのはやはり南北国境にかかっていたヒエンルオン橋でしょう。国道1号線にかかるこの橋は現在は新しい橋が開通しておりますが、その横に当時の姿のまま保存されており、徒歩での横断が可能です。橋には現在も銃弾の跡が残り、当時の戦闘を思い出させます。国境の北側にはビンモックトンネルがあります。こちらは南軍からの攻撃から逃れるために作られた地下都市です。ホーチミン市郊外にあるクチトンネルは軍事基地としての正確が強い地下都市ですが、こちらは生活の拠点として作られております。

南側にはロックパイルという南軍のミサイル基地があった山があります。現在は緑に覆われていますが、当時は激しい戦闘のために木がなく、ロックパイルと呼ばれていました。そこさらさらに進むとケサン基地跡に着きます。ケサン基地は南軍の主要基地でしたが、激しい攻撃に晒されて撤退を余儀なくされ、その撤退時に自ら破壊工作をしたというものです。破壊工作をしたにもかかわらず今なお基地の面影を残しています。今は資料館が立てられて当時の様子を今に伝えています。その近くにはダクロン橋があり、これは北軍の主要補給路であったために当時南軍に破壊されました。ドンハ市内の教会は当時のまま保存されており、銃弾の跡や黒く焦げた跡が今に残っています。

それでは、フォトギャラリーをご覧ください。

主要な観光地

ベンハイ川、ヒエンルオン橋、ビンモックトンネル、ロックパイル、ケサン基地、ダクロン橋、937高地(ハンバーガーヒル)、ドンハ市

ライター情報

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部です。ベトナムをもっともっと楽しめる、そんな情報を日々探しては発信しています。こんなこと知りたい!というリクエストがあればお気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部が書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「ベトナムDMZ観光ガイド」新着記事一覧

「ベトナムDMZ観光ガイド」の記事一覧を見る

アクセスランキング