ベトナム中部のフエにある一日中遊べそうな温泉リゾートALBAで日帰り入浴してきました

ベトナム中部のフエにある一日中遊べそうな温泉リゾートALBAで日帰り入浴してきました

更新日:2015年8月5日 (取材日:2014年6月23日) / ライター: aki

ベトナム中部の故都フエから国道1号線を30kmほど北に行ったところにALBAリゾートがあります。スパ、ホテル、アクティビティ、そして温泉が楽しめる大型リゾート施設です。天然水も有名で、ALBAブランドの飲料水は高級飲料水としてホーチミン市内でもたまに目にします。今回はそんなALBAリゾートで日帰り入浴をしてきました。

ALBAの温泉に入ろう

今回はハノイからダナンまでツーリングをしている道中に疲れた体を癒やそうと温泉だけを目的に訪問しました。そんなこともあってか、到着したのは午後4時。

ALBAリゾートへ

ALBAリゾートへ

バイクを停めて門の中を歩いていきます。

ALBA園内へ

ALBA園内へ

エントランスの通路からして、とても大きな施設であることがわかります。

園内案内図

園内案内図

園内の案内図がありました。やはり、かなり大きな施設です。今回目指す温泉は図の右上。中央から奥にかけてはアスレチック施設がたくさんあります。

アスレチック施設の案内

アスレチック施設の案内

アスレチックの一覧があるのですがこれだけ見てもわからない上に、非常に数が多くて驚きます。一日かけて遊んでも良さそうです。

ジップライン

ジップライン

地図の上でも目を引くジップライン。これはかなり怖そうな気もしますが絶景ですね。また時間のあるときに是非行きたいです。

温泉へ入浴

受付で入浴料17万ドンを払い、水着に着替えます。ベトナムの温泉はどこも混浴で水着着用ですね。

水着に着替えていざ温泉へ

水着に着替えていざ温泉へ

この辺りが温泉ということなのですが・・・・

川のような温泉

川のような温泉

実は目の前に見えていたこの川が温泉なのでした。上流が暖かく、下流に行くほどぬるくなっているので好きな温度のところで入ることができます。上流はかなり熱くなっていて、ベトナムの温泉は温水プールのようなものが多いのですがここは日本のお風呂のようでした。

更に上流は立入禁止

更に上流は立入禁止

更に上流から温泉は流れていていたのですがもっと熱いということなので立入禁止です。

プールのような場所も

プールのような場所も

ドーナツ状のプールのような場所もあり、ベトナム人のお客さんが泳いでいました。私は川の温泉の温かいところでしばらくゆっくりして長旅の疲れを癒していました。

波のプールも

温泉の横のプールコーナーもせっかくなので覗いてきました。

プールコーナー

プールコーナー

ベトナム人は熱い温泉よりも冷たいプールのほうがすきのようで、プールのほうが賑わっていました。と言ってももう夕方なので皆帰り始めています。

波のプールです

波のプールです

プールに入るつもりはなかったので着替えてから見に来るともう誰もいませんでした。ここも波のプールだったのですがもう波も止まってしまいました。

子供用のプール

子供用のプール

子供向けのプールもありました。家族で泊まりがけで遊びに来るのも良さそうです。

レストランで軽食

竹づくりのレストランがあったので軽食。せっかくフエに来たのでフエ名物を頂きます。

バインロック(bánh lọc)

バインロック(bánh lọc)

フエ名物のバインロック。一皿頼んだら写真のように10個以上来ました。一人前では無かったようで、思いの外お腹いっぱいに。

食後のコーヒー

食後のコーヒー

直後のベトナムミルクコーヒー、カフェスアダー(Ca Phe Sua Da)は伝統的な中部スタイル。氷を自分で入れて冷やします。おしゃれなカフェのコーヒーもいいけど、こういう「いかにもベトナム」というコーヒーも美味しいですね。一緒に出てきたお茶の水たまグラスもベトナム感満載です。

行ってきた感想

フエで温泉!?と言われることも多いのですが意外と快適でした。フエの温泉はミーアン温泉もそうなのですがお湯が熱くて日本人には嬉しいですね。ニャチャンの泥温泉が有名ですがフエの温泉もオススメです。

ライター情報

aki

aki

旅をするように生きていたい、そう思っていたら気づくとホーチミンにいました。本業の傍ら、ベトナム観光・生活情報ナビ、Samurai Cafe Saigonをやったりしています。ベトナム・ホーチミンから、日本とは一味違うベトナムの日常をお届けします。

akiが書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「フエ観光ガイド」新着記事一覧

「フエ観光ガイド」の記事一覧を見る

アクセスランキング