「喜神」「とみだや」の2軒のラーメン屋がほぼ同時にオープン。ホーチミンはラーメン激戦区になるか? (2ページ目)

「喜神」「とみだや」の2軒のラーメン屋がほぼ同時にオープン。ホーチミンはラーメン激戦区になるか?

更新日:2013年12月13日 (取材日:2013年12月13日) / ライター: aki

12月11日オープン「とみだや」

日本人街レタントン(Le Thanh Ton)通りとタイバンルン(Thai Van Lung)通りのヘムの中にオープンした「とみだや」。こちらはカウンターでラーメンを頂くスタイル。日本人が多く住み、日本食が多いエリアにあります。店長はあの池袋の有名店えるびすで修行を積んだそうです。

らーめんとみだや

らーめんとみだや

頂いたあとに撮った写真ですが、売り切れとなっています。実はオープン初日の夜にも行ったのですがその時は売り切れでした。早速大人気になっているようです。

とみだやのメニューとカウンターからの景色

とみだやのメニューとカウンターからの景色

驚いたことに店内には日本人店長が1人だけ。全ての仕込みを1人でやっているというから驚きです。メニューも日本語で書かれたシンプルのもの。裏面は英語(ローマ字)表記になっています。8万ドンからという良心的な値段も嬉しいですね。ちなみに製麺機が置いてあり、麺は全て自家製麺。

とみだやの髪留め

とみだやの髪留め

カウンターには「御自由にお使いください」の文字とともにヘアバンドが置かれていました。こういう小さな配慮は日本でもなかなか見ないものです。

こちらはちゃー玉らーめん。

ちゃー玉らーめん

ちゃー玉らーめん

こちらはちゃーしゅーつけ麺。

とみだやのちゃーしゅーつけ麺

とみだやのちゃーしゅーつけ麺

ベトナム人と一緒に行ったのですが、「Tsukemen」って何?と聞かれてしまいました。Pho (おなじみのフォー)とPho Kho(麺とスープが別で出てくるフォー)のような感じだと教えると、スープを麺にかけて食べようとしていたので慌てて訂正しました。ベトナム人にラーメン文化が浸透していくといつかこんなこともなくなるのでしょうか。

スープも、麺も美味しいのですがチャーシューが最高でした。間違いなくホーチミンNO1チャーシューです(私の中で)。店長によると日本よりもチャーシュー麺を頼む人が多いということですが、この美味しさならチャーシュー麺を頼んでしまうのも頷けます。

お一人客も気兼ねなく入れる雰囲気なのでお昼や仕事帰りにぱっと立ち寄って美味しいラーメンが食べたいというときには最適なお店ですね。近隣にラーメン屋が多いエリアなので毎晩ラーメンという方には選択肢が増えたのではないでしょうか。

詳しい店舗情報は以下にあります。

とみだや(TOMIDAYA)
とみだや(TOMIDAYA)

住所:15B/79 Lê Thánh Tôn, Quận 1, TP.HCM

評価: (3.45 = 152pt / 44人)

ホーチミン市1区の[飲食・レストラン/和食]
2013年12月に日本人街にオープンしたラーメン屋。日本で修行してきた店長が作る自家製麺のらーめんは美味しいです。特に、ちゃーしゅーはかなり…

まとめ

同じ時期に、全くタイプの異なるラーメン屋がオープンしました。どちらも、是非また行きたいと思えるような素晴らしいお店でした。既にホーチミンにラーメン屋はたくさんあり、激戦区の様相となってきていますがます。一人の客としては各店切磋琢磨してどんどんホーチミンのラーメンが美味しくなっていき、ベトナム人にも日本のラーメンを食べてもらえるようになればと願っています。

ライター情報

aki

旅をするように生きていたい、そう思っていたら気づくとホーチミンにいました。本業の傍ら、ベトナム観光・生活情報ナビ、Samurai Cafe Saigonをやったりしています。ベトナム・ホーチミンから、日本とは一味違うベトナムの日常をお届けします。

akiが書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




ベトナム不動産情報 [AD]

「ライフスタイル」新着記事一覧

「ライフスタイル」の記事一覧を見る

「政治・経済・ビジネス」新着記事一覧

「政治・経済・ビジネス」の記事一覧を見る

アクセスランキング