世界遺産のハロン湾での3つ星宿泊クルーズ体験記 (2ページ目)

世界遺産のハロン湾での3つ星宿泊クルーズ体験記

更新日:2014年4月22日 (取材日:2014年3月30日) / ライター: aki

 昼食を食べてデッキで一休み

実はさきほどのボートに乗った時からうすうす気づいてはいたのですが、乗客はたったの7人。広いダイニングルームがあるのですが1つのテーブルだけに食器が置かれています。

船内のダイニング

船内のダイニング

そして運ばれてくる昼食。

船内でのランチ

船内でのランチ

大皿が運ばれてきて、あとは初対面同士の国籍も年齢も全く違う7人が微妙な空気の中取り分けます。フィッシュ&チップスがメインの多国籍料理を前にして皆無言のリアクション・・・。ちなみにオーストラリア人、アメリカ人、シンガポール人と一緒でした。

屋上のデッキ

屋上のデッキ

食事の後は屋上のデッキで一休み。と言っても天候に恵まれずに濃霧であたりは一面真っ白です。普段であればこの時間に「こちらの岩は香炉島と呼ばれ20万ドン札の裏面に使われています」のような案内がありそうなものなのですが、今日は見えないようです。ちなみにこのハロン湾、晴天の日は珍しくほぼ曇っているようです。

スンソット洞(Hang Sửng Sốt)へ

出港してから2時間、船はスンソット銅へと到着しました。島へは小さなボートに乗り換えての上陸です。スンソットとは驚きという意味だそうで、この洞窟がハロン湾の洞窟の中で最大級のものです。

陸に上陸するとまず驚いたのがその人の量。

大混雑の入口

大混雑の入口

やはりどこのツアーも同じスケジュールで運行しているんですね。ちなみに我々の後ろには人が来なかったのでちょうどピークの時に着いた感じでした。世界遺産だという説明が英語で書かれた看板も立っています。チケット売り場でチケットを購入するのですがツアーガイドが全てやってくれました。

スンソット洞窟の内部

スンソット洞窟の内部

中に入るとその広さにびっくり。なんと1万平米もあるそうです。と聞いてもピンと来ないですね。東京ドームが46,755平米らしいので、東京ドーム0.21個分です。・・・・東京ドームって大きいんですね。なんか小さく聞こえてきますが、かなり大きい洞窟です。ベトナムには世界遺産のフォンニャケバン洞窟や天国洞窟などもありますし、意外と洞窟の国なんですね。

人がたくさん

人がたくさん

ちなみに通路の方に目を向けると人がたくさん。

洞窟内部には植物が生えてるところもありました

洞窟内部には植物が生えてるところもありました

洞窟内部には草が生えているとこともありました。その他、ここがこれに見えます、などというガイドの声が周りから聞こえてきます。が、我々のガイドは何も行ってくれませんでした。欧米人に人気のガイドの近くで色々と聞いていたのですが、ガイドの質って本当にピンキリですね。

「奇想天外」

「奇想天外」

「奇想天外 西山丸」と書かれた岩がありました。昔の日本人の船乗りが書いたものだそうです。中国人観光客が中国語で読み上げていましたが、日本語と発音が似てました。ベトナム語も同じような発音なのかもしれません。

洞窟から見た船着場

洞窟から見た船着場

洞窟内の展望台から見下ろす船着場。霧は相変わらずですがいい景色でした。ハロン湾にはこのスンソット洞窟以外にもいくつかの洞窟があるのですがその中でも見応えがあるのがこのスンソット洞窟。濃霧でちょっとがっかりしていたのですがこの景色は最高でした。

ビーチで休憩

洞窟の次はビーチへ。この天気と、少々肌寒い気温もあってちょっと季節外れな感じでしたが欧米人の方々はさすがというべきか、元気に海の中に入っています。

30分のビーチタイム

30分のビーチタイム

ちなみに、後方の山からの景色を楽しむ、というのも選択肢としてはあったのですがこの霧なので行くのはやめました。同じツアーの欧米人男性が行ったようなのですが、全然見えなかったとのこと。

コーヒーブレイク

コーヒーブレイク

船が来るまで20分あるのでコーヒーブレイク。インスタントコーヒー3万ドン。このコーヒー大国ベトナムでまさかのインスタントコーヒー。(一応チュングエンコーヒー)。

ディナーと夜のハロン湾

ビーチが終わるとディナーの時間になりました。船には真珠の販売が。

船内の真珠販売

船内の真珠販売

船のダイニングテーブルに並べられた真珠のアクセサリー。誰も買ってる人はいませんでした。この販売、買う人はいるのでしょうか・・・?

春巻き教室

春巻き教室

スプリングロールのクッキングをすると聞いていたので何かと思えば、揚げ春巻きを巻く体験をするということでした。目の前でお手本を見せてくれるので周りでみんなでやっていきます。後ろのグリーンの彼は興味なさそう。

みんなで巻いていきます

みんなで巻いていきます

こんな感じで巻いていきます。ベトナム料理のクッキングというからどんなのがあるのかなと思ってたのですが、春巻きを巻くだけでした。春巻きを全て巻き終わるといよいよディナー。

ディナー

ディナー

昼食よりは良かったのですが相変わらず少々ガッカリな感じのディナー。相席のおじさんは中国語を話していたので中国人かと思ってたらシンガポール人でした。

夜のハロン湾

夜のハロン湾

夜のデッキからはたくさんの船が停泊しているのが見えて美しい。なんだか霧も少し晴れているような気がします。このまま明日は晴れてくれると最高なのですが。

>>次のページヘ続きます:クルーズ船に宿泊し、翌日はカヤック。晴れ間の行方は?

ライター情報

aki

aki

旅をするように生きていたい、そう思っていたら気づくとホーチミンにいました。本業の傍ら、ベトナム観光・生活情報ナビ、Samurai Cafe Saigonをやったりしています。ベトナム・ホーチミンから、日本とは一味違うベトナムの日常をお届けします。

akiが書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「ハノイ観光ガイド」新着記事一覧

「ハノイ観光ガイド」の記事一覧を見る

アクセスランキング