クチトンネルに行ってみよう 〜ベトナム戦争時に作られた巨大地下施設〜

クチトンネルに行ってみよう 〜ベトナム戦争時に作られた巨大地下施設〜

ベトナム戦争時、ベトナム人はアメリカ軍に様々な方法で立ち向かった。そのなかでもクチに住んでる人々は地下に住居施設を作り、アメリカ人と戦いました。今回はその地下施設である、クチ・トンネルに行ってみましょう。

クチトンネル遺跡

クチはホーチミン市から北西へ約70キロの所にあります。ベトナム戦争当時解放前線の拠点がこのクチであり、アメリカ軍も最後までここを落とすことができなかったそうです。クチ住民はもともと地上に住んでいましたが、アメリカ軍の空爆や枯れ葉剤攻撃を受け、地上では住めないと確信し、地下にトンネルを作り、そこに住み始めました。そのトンネルが複雑すぎることもあり、クチは攻め落とされませんでした。トンネルは3層に分かれており、第1層は地下4メーター、第2層は地下6メーター、第3層は地下10メーター以下のところにあります。またトンネルは今は観光客が通りやすくできるようにしていますが、当時は四つん這いや匍匐全身でトンネルの部屋間を移動していました。クチ・トンネルの全長は250キロですが、観光できるトンネルは40~50メートルぐらいです。

TNKクチトンネルツアー

通気口・トンネル

メコンデルタツアーに続き、今回も旅行会社のTNKさんのツアーに参加します。ツアー代は41万ドンで朝の7時半集合で解散は14時過ぎです。

バスに揺られること1時間半クチトンネルに到着します。ツアー料金とは別で、クチ・トンネル遺跡入場料11万ドンを支払います。ガイドさんからチケットを貰い、入場します。

受付を抜け、山道を歩きます。山道は、ほぼ一本道なので迷ったりすることはないので自分のペースで歩けます。

森の中をハイキングする感じです。

森の中をハイキングする感じです。

こちらののアリの巣みたいな山。実はこれ、通気口で、地下に空気を送る・地下から出すために作られたものです。地面に通気口を大きく作ると、アメリカ軍に地下にいることがばれてしまうため、このように固い土使ったりしたみたいです。

当時は鋤で地面を掘り、固い土を集め、通気口を作ったそうです。

当時は鋤で地面を掘り、固い土を集め、通気口を作ったそうです。

その隣には、トンネルの入り口ががあります。入り口の大きさは、大柄で武装をしているアメリカ軍に入られないように、小柄のベトナム人のサイズに合わせたみたいです。

入り栗の大きさがちょうど肩幅と同じで腕をいれるのが難しそうでした。

入り口の大きさがちょうど肩幅と同じで腕をいれるのが難しそうでした。

ブービートラップ

しばらく歩くと、ブービートラップゾーンがあります。ここで数百人のアメリカ軍が負傷したそうです。この落とし穴に下には蛇の毒が塗られた竹や針があります。深さも3メートルもあり、一度入ると地上に出てくることは難しそうです。

中の針を見るだけど、痛々しいです。

中の針を見るだけど、痛々しいです。

ブービートラップは落とし穴が多いです。このブービートラップは穴をから足を引こうとすると猛毒を塗られた針が足に刺さるものです。

どれも原始的なブービートラップではありますが、この上に薄い布記事と落ち葉を他の地面と変わらぬぐらいにおいたら、何も気づかずに引っかかったアメリカ軍が何百人もいたそうです。

どれも原始的なブービートラップではありますが、この上に薄い布記事と落ち葉を他の地面と変わらぬぐらいにおいたら、何も気づかずに引っかかったアメリカ軍が何百人もいたそうです。

他にも家の扉を開けると、上から針がささった、木材が降ってきたりなど、様々なものがあります。

逆十字のトラップを手で止めても、土の字型のトラップが体めがけて飛んでくるという2段型ブービートラップです。

逆十字のトラップを手で止めても、土の字型のトラップが体めがけて飛んでくるという2段型ブービートラップです。

道中にアメリカ軍が使っていた戦車が展示されています。戦車の上に乗ることができる貴重な機会です。戦車の先端の筒を持ち上げてみましたが、重かったです。ガイドさんによると60キロぐらいあるのだとかと。

多いときは、10人ぐらい戦車の上にいました。

多いときは、10人ぐらい戦車の上にいました。

こちらは塹壕です。地上にでるとアメリカ軍に居場所を知られてしまい危険なので、このように塹壕を作り、歩いてました。

すこし分かりづらいかもしれませんが、ブーメラン型に塹壕が続いています。

すこし分かりづらいかもしれませんが、ブーメラン型に塹壕が続いています。

不発弾リサイクル小屋

続いて、不発弾をリサイクルし武器を作る工程を見学します。まず不発弾を切ります。このとき、不発弾の温度が高くなると爆発するので、水をかけながら、慎重に二人掛かりで切ります。

爆発する怖さより、アメリカ人への復讐の方が強かったこともあり、このようなことをできたそうです。

爆発する怖さより、アメリカ人への復讐の方が強かったこともあり、このようなことをできたそうです。

不発弾を二つに切り終わり、中の燃料を抜いたら、外部分を分解します。

ここの工程でどのような武器が作られるかがわかります。

ここの工程でどのような武器が作られるかがわかります。

そして最後に武器の形になるように研磨してき、完成です。

ブービートラップの針を尖らせるように叩きます。

ブービートラップの針を尖らせるように叩きます。

不発弾の実物も置いてあります。

不発弾をみると、この爆弾一つでどれだけ多くの被害がでるのかを考えてしまいぞっとします。

不発弾をみると、この爆弾一つでどれだけ多くの被害がでるのかを考えてしまいぞっとします。

射撃場

工程を見終わり、山道をくぐり抜けると、銃声音が聞こえてきて、射撃場に到着します。銃はライフル、マシンガンの2種類6系統あります。射撃もまたツアー料金とは別途料金で、射撃する銃の種類のによっても値段はかわります。僕はライフルを射撃しましたが、10発30万ドンでした。銃声をとてもうるさく、鼓膜が破れる場合もあるので、渡されるヘッドホンをしましょう。

1年ぶりの射撃ということでテンションがすごい上がりました。

1年ぶりの射撃ということでテンションがすごい上がりました。

反動がすごかったです。射撃ということもあり、的に当たると嬉しいです。

反動がすごいので、右肩を指導員に押さえてもらいます。

反動がすごいので、右肩を指導員に押さえてもらいます。

ライスペーパー工場・サンダル作り

射撃場の隣には、ライスペーパーの作る過程を見ます。

収穫したお米の籾殻をとり、臼で粉末状にします。

長い棒を押し引きするだけで、臼がまわる仕組みになっています。

長い棒を押し引きするだけで、臼がまわる仕組みになっています。

粉末状にしたお米をお茹でとき、クレープみたいに焼きます。ライスペーパーの生地は、半透明にしなければいけないので、焼くのがすごい難しいみたいです。こちらのおばあさんが実際に焼いてくれます。手馴れていることもあり、さらっと綺麗な半透明な円のライスペーパーができました。

粉末スープを焼きます。

粉末スープを焼きます。

そして焼き上げたライスペーパーを竹で作った茣蓙の上に置き、天日干しをして、ライスペーパーの出来上がりです。出来上がったライスペーパーは、竹の茣蓙の上で天日干ししたこともあり、綺麗な竹模様がつきます。ライスペーパーや焼酎、蒸留酒などがここで売られてます。

半透明なものもあれば、透明なものもあり、きれいに焼くのがむずかしいことがわかります。

半透明なものもあれば、透明なものもあり、きれいに焼くのがむずかしいことがわかります。

ライスペーパー工場を歩いて、すぐにサンダルを作る小屋があります。このサンダルは、ベトナム戦争当時から作られていたものだそうです。戦車や車のタイヤのゴムをリサイクルしており、車のタイヤ1つから、30ものサンダルができるそうです。こちらでは、観光客に足のサイズに合わせ、しっかりと作ってます。

珍しいせいか、欧米人が5人ぐらいサイズはかっていました。

珍しいせいか、欧米人が5人ぐらいサイズはかっていました。

いざ、クチトンネル内部へ

爆弾が落ち、くぼんだところ。10メーター四方ぐらいの大きさです。当時は枯れ葉剤をばら撒き、その後に爆弾を投下していたみたいです。

クチトンネルは、第1層は爆弾の被害をすこしうけるものの、第2・3層は被害を一切受けなかったそうです。

クチトンネルは、第1層は爆弾の被害をすこしうけるものの、第2・3層は被害を一切受けなかったそうです。

そして、いよいよお待ちかねのトンネルに入ります。入り口に階段がありますが、観光客用に作られたものです。

上の雨よけも観光客用につくられたものです。

上の雨よけも観光客用につくられたものです。

階段を降りたてすぐはトンネルではなく、トンネルに続く階段の踊り場になっています。

この写真からでもトンネルがいかに小さいかわかります。

この写真からでもトンネルがいかに小さいかわかります。

トンネルにはいります。感想は狭い、小さい、湿気がすこしあり、壁が濡れています。壁の高さは、身長170センチの僕が足をすこしまげ、腰がつくかつかないくらい。中腰になって、進むか、足をたたんで、ペンギンみたいに歩くかのどちらかです。

昔はこれより小さいトンネルを行き来してたなんて信じられません。

昔はこれより小さいトンネルを行き来してたなんて信じられません。

トンネルの長さは40メートルしかないのですが、意外に疲れました。トンネルは明かりがありますが、途中あえて真っ暗にしたであろう区間があるので、そこを通るのがすごいおもしろかったです。人によってはスマホの光をつかったりします。僕も途中から、そうしました。

ようやく光のある方へ。40メートルがすごい長く感じられました。

ようやく光のある方へ。40メートルがすごい長く感じられました。

伐採した後の竹があります。伐採された部分は、ブービートラップや武器として使われたそうです。

伐採された竹が真ん中に1本

伐採された竹が真ん中に1本

タピオカ試食・ベトナム戦争のビデオ

当時の食糧であるタピオカ芋を試食できます。砂糖と塩とピーナッツを混ぜで粉末状にしたものにつけて食べます。おいしくなかったです。カロリーメイトほどではないですが、食べたら、口の水分がなくなります。美味しくないといいつつ、僕は3つ食べましたが、同じテーブルにいた3人は1つでやめました。

タピオカジュースのタピオカとは形も味も色もいろいろと違いました。

タピオカジュースのタピオカとは形も味も色もいろいろと違いました。

最後にベトナム戦争当時のクチの資料動画を見ます。日本語で説明されるので、心配する必要はないです。クチ区域全体でアメリが軍に対抗するために一致団結したこと。父親がアメリカ軍に殺され復讐を誓った少女の話。そして戦争が終わったはずなのに、現在でも影響がある枯れ葉剤について。10分程度の動画でしたが、勉強になりました。

国立記念日ということもあり、国旗が掲揚されていました。

独立記念日ということもあり、国旗が掲揚されていました。

お土産屋さん

お土産やさんはチケット販売所と射撃場の2つがあります。

まずチケット販売所の方から。

小道具入れ、スプーン、アオザイ女性像など種類豊富です。

小道具入れ、スプーン、アオザイ女性像など種類豊富です。

ホー・チミンさんが描かれたお皿や、腕輪、銀色の仏像などがこちらのブロックにはあります。

ホー・チミンさんが描かれたお皿や、腕輪、銀色の仏像などがこちらのブロックにはあります。

次に射撃場の方です。

プチ遺跡、歴史についての本が売られています。ベトナム語と英語の両方あります。

プチ遺跡、歴史についての本が売られています。ベトナム語と英語の両方あります。

ノンラーを被った人形や動物などの小像が多いです。

 実際に行ってみて

クチ・トンネル遺跡ということで、トンネルに入り、遺跡を巡るだけと思っていたが、いい意味で全然違いました。ガイドさんの説明の仕方がとてもお上手ですんなり頭の中に入ってきてためになりました。森の中を歩いたり、トンネルの中に入ったりするので、動きやすく、汚れてもいい服装で行くことをおすすめします。ツアーでしたが、忙しくなく、ゆっくり回れるツアーだったのでよかったです。

ライター情報

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部です。ベトナムをもっともっと楽しめる、そんな情報を日々探しては発信しています。こんなこと知りたい!というリクエストがあればお気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部が書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「ホーチミン観光ガイド」新着記事一覧

「ホーチミン観光ガイド」の記事一覧を見る

アクセスランキング