バンメトート(Buon Ma Thuot) – コーヒーと少数民族に出会う街

バンメトート(Buon Ma Thuot) – コーヒーと少数民族に出会う街

バンメトートはベトナム中南部に位置する高原の街でダックラック(Dak Lak)省の省都です。ダックラック省はベトナム国内のコーヒー生産量がトップ。あの有名なチュングェンコーヒー(Trung Nguyen Coffee)もバンメトート発祥です。一体が標高500m~1000mという高原地帯のため気温も涼しく過ごしやすいのが特徴です。

ベトナムには多数の少数民族が伝統を守りながら暮らしております。ここバンメトートの人口の40%は少数民族と言われており、郊外では少数民族の暮らしぶりを見ることもできます。つい10年前までゾウを日常の足としていたこともあり、エレファントライディング等のアクティビティを楽しむこともできます。

バンメトートへの交通

バンメトートへ向かうバス

バンメトートへ向かう夜行寝台バスです。途中1回の休憩をはさみホーチミンとバンメトートを9時間で結びます。

ホーチミンからはベトナム航空、エアーメコンが就航しており、約1時間でバンメトートに行く事ができます。運賃は季節にもよりますが片道100万ドン程。ベトナム航空はホーチミンの他にダナン、ハノイからも運行しており、エアーメコンもハノイ、ヴィンからの便があります。

また、バスで訪れることもできます。ホーチミンのミエンドンバスターミナル(Ben Xe Mien Dong)からは各社が1時間間隔でバスが運行されています。所要時間は約9時間。料金は約20万ドン。バスターミナルへ行き、バンメトート(Buon Me Thuot)と書かれたカウンターで「バンメトートに行きたい!」と言えばチケットの購入が可能です。夜行バスでは寝台車も運行されておりますので、こちらを利用すると快適です。

バンメトートの魅力

バンメトートはホーチミンやハノイに比べると小さな町なので交通量も少なくのんびりと過ごすことができます。やはり訪れたいのは少数民族の住む村。街の郊外には少数民族の村が点在し、昔の暮らしを今に守り続けています。また、自然も豊富でダライヌア滝やラック湖というところでは壮大な景色を味わうことができます。

また、コーヒーの産地としても有名で、農園には沢山のコーヒーの木を見ることができます。Trung Nguyen Coffee Villageというチュングェンコーヒーの本社兼コーヒー博物館、直売所もあり、こちらはカフェも併設されているので訪れてみてはいかがでしょうか。

各観光地は市街地から遠くはなれているため、バスやタクシーの利用が必須です。街についてバスターミナルで時刻表をもらうのも良いですが、数人での旅行の場合はタクシーを一日中借りきってしまうのが良いでしょう。

それでは、フォトギャラリーをご覧ください。

ライター情報

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部です。ベトナムをもっともっと楽しめる、そんな情報を日々探しては発信しています。こんなこと知りたい!というリクエストがあればお気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部が書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「バンメトート観光ガイド」新着記事一覧

「バンメトート観光ガイド」の記事一覧を見る

アクセスランキング