ベトナムの生活・観光・ビジネス・旅行全てをカバーする
ベトナムをもっともっと楽しむためのベトナムポータル

ホーチミンのチャイナタウン「チョロン」にある7つのお寺を巡る

ホーチミンのチャイナタウン「チョロン」にある7つのお寺を巡る
更新日:2016年5月4日 (取材日:2016年4月29日) / ライター: Aya / カテゴリ:オススメ,ホーチミン観光ガイド

ホーチミンのチャイナタウン「チョロン」にある7つのお寺を巡る

ホーチミンにはチャイナタウンと呼ばれている場所があります。その名も「チョロン」。お店はほとんどが問屋なので、物があふれかえっているお店を見てまわったり、路上市場も多く、中心部とは少し違う雰囲気を味わうことができると思います。

ちなみに、チョロンという名前は大きな市場という意味であり、地名ではなく、5区と6区東側のチャイナタウンの愛称として使われています。チョロンと言えば、ホーチミンで2番目に大きい市場「ビンタイ市場」が有名でしょう。しかし、今回の記事ではビンタイ市場は紹介しません!私が実際に歩いて、地元の人のお話を聞いて、これは面白い!興味深い!と思った場所をおすすめのルートと共に紹介します。

チョロンについて

ティエンハウ宮の線香

ティエンハウ宮の線香

チョロンは、約300年前に中国から来た人たちによって、荒地から整備されて、発展をしてきました。そのとき来た華人の人たちは、商売が上手で、その関係もあり市場ができ、またさらに発展を遂げました。華人たちの出身はバラバラで、その中には福建省から来た人や、河南省、広東省などさまざまな省からきています。それぞれの人々が、同じ省の仲間で集まれる場所としてそれぞれが自分たちの会館という場所をつくりました。同時にそのまわりに子どもが通える学校も作ったのです。

その会館がそれぞれのお寺です。お寺は、お寺の名前以外に○○会館という名前も持っています。実際、地元の人は会館のほうの呼び名を使っています。会館の主な役割としては、同じ省の仲間が集まれる場所、またお寺のお賽銭箱のお金は、仲間で貧しくて生活ができない人や、学校に通えない子供に支給されるそうです。

このようにお寺は省の仲間のコミュニティとして多くな役目を果たしています。そして、チョロンには大きく、7個の会館があるのです。それぞれ穗城會館(天后宮)、溫陵會館(觀音廟)、霞彰會館(媽祖天后廟)、瓊府會館(海南天后廟)、義安會館(關帝廟)、二府會館(二府廟)、三山會館です。詳しくは次にルート順で紹介していこうと思います。

おすすめルート

私がおすすめするルートは、チョロンバスターミナルに着いてから、①二府會館(二府廟)→②霞彰會館(媽祖天后廟)→③溫陵會館(觀音廟)→④穗城會館(天后宮)→⑤三山會館→⑥義安會館(關帝廟)→⑦瓊府會館(海南天后廟)です。今回の記事の題名にもある通り、完全に会館(お寺)めぐりルートです。

それぞれの会館にはそれぞれの歴史や特徴があり、雰囲気が全然違うので存分に楽しめると思います。ちなみに会館にはトイレが併設されていて、自由に無料で使用することができます。それでは、会館をひとつひとつルート順に紹介していこうと思います。

ルート案内図

ルート案内図

①二府會館(二府廟)/ニフ会館

  • 福建省の会館
  • 18世紀初めに創建

門をくぐってまずびっくりしたのが停めてあったバイクの量。地元の人はここを駐輪場にしているようです。二府會館は、ほかの会館と比べて全体的にそこまで派手ではなく、落ち着いている雰囲気があるります。しかし、柱の彫刻には迫力を感じた。下校時間になると、子供たちが境内で遊んでいるのを見て、地域に密着している会館だなと思いました。

二府會館の門

二府會館の門

DSCF1493

門をくぐって最初に目にするバイクたち

DSCF1750

二府會館の中

 

②霞彰會館(媽祖天后廟)/ハチュオン会館

  • 福建省の会館
  • 1809年に創建

ここは有名な穗城會館(天后宮)とよく間違えられてしまうそうです。ひとつ見分け方としましては、こちらは福建系の建物なので、屋根が曲線の作りになっています。穗城會館(天后宮)のほうですと、広東系の建物ですので、曲線ではなく直線の屋根になっています。訪れた際はぜひ、気にして見てみてください。会館の中の雰囲気は落ち着いています。複数の神様が祀られていて、それぞれの神様が身に着けている衣装がすごくゴージャスだなと思いました。

DSCF1512

霞彰會館の正面

③溫陵會館(觀音廟)/オンラン会館

  • 福建省・潮州系の会館
  • 18世紀末に創建

門からわかる通り、赤・緑・黄色がふんだんに使われていて、すごく派手な印象をもちました。飾ってある習字の文字もゴールドで、またひとつひとつの作品の文字も大きいので、迫力がすごかったです。道教の神である天后聖母やその他の仏像合わせて16の神様が祀られています。

DSCF1722

溫陵會館の門

DSCF1737

ゴールドの文字で書かれた習字

DSCF1733

溫陵會館の中の様子

④穗城會館(天后宮)/ティエンハウ宮

  • 広東省の会館
  • 1760年に創建

チョロンで一番歴史があり、規模が大きくて有名な会館です。中に吊るされている渦巻き型の線香の数からも参拝者の多さがわかります。渦巻き型の線香はほかの会館と比べても本当に多いです。

ちなみに、なぜこのような渦巻き型の線香が使われているかといいますと、線香の煙は神様と交信ができる唯一の手段だと信じられてきました。そのため、長く絶やさず燃え続ければ続くほど、自分の願いが神様に届くのです。だから、このような渦巻き型の線香が発明され、使われるようになったのです。

こちらでは、海の神様(媽祖)が祀られています。大量の線香からの煙によって境内が少し神秘的に見えました。ここで私が思った一番の見どころは会館に施されている細かい彫刻です。本当に細かくて見入ってしまいました。ぜひ、行った際は気にして見てみてください。

DSCF1545

天后宮正面

DSCF1527

大量の線香

DSCF1696

入ってすぐ目にする光景

DSCF1561

細かい彫刻

⑤三山會館/サンサン会館

  • 福建省の会館
  • 建てられた時期不明

ここは○○寺という別名はなく、外観もシンプルなのでお寺だと認識しづらいかもしれません。しかし、全体的に朱色を使っているところはインパクトがあり、特徴的です。全部の壁が朱色なので、他の会館と比べて明るい雰囲気がありました。

DSCF1666

入口の門

DSCF1765

会館の正面

DSCF1763

中の様子

⑥義安會館(關帝廟)/ギアアン会館

  • 福建省の会館
  • 1818年に創建

門が高く中が見えないように作られているので、ここもすこし見つかりづらいかもしれないです。しかし、奥行きのある作りに迫力を感じました。ゴールドと黒の色使いが印象的で、かっこよかったです。床もすごくきれいで、一番清潔感のある会館でした。また、正面入口にあるゴールドの飾りものの彫刻がすごく細かくて、本当に美しいです。ぜひ、実際に見てほしいです。

DSCF1778

中の様子

DSCF1773

会館の正面

DSCF1774

彫刻が細かい飾り物

DSCF1770

会館前の広場

⑦瓊府會館(海南天后廟)/キュウフ会館

  • 海南省の会館
  • 1824年に創建

ここはまず、出迎えてくれる守り神の表情がキュートでした。ほかの会館は守り神に特に色付けはされてなくて、唯一ここだけでした。また、境内の中に椅子がたくさん置いてあるスペースがあり、ここに人々は集まってたわいもない話をするのだなと思い、他の会館と比べて一番省の仲間の集まれる場所という点で考えられて作られてる印象を持ちました。こちらの会館も海の神様(媽祖)が祀られています。

DSCF1584

守り神

DSCF1801

会館の正面

チョロンへのアクセス

チョロンへは[1番]バスで行くことが出来ます。ベンタイン市場から乗って、チョロンバスターミナル(終点)で降ります。運賃は5000ドン(約25円)で、時間は約25分で行くことが出来ます。バスはクーラーがきいていて、日本と同じようなきれいなバスです。バスの本数もたくさん出でいて、運転間隔は約5~10分です。

※ピンが立っているところが「ベンタイン市場」です。赤い丸で囲まれているバス停から[1番]バスに乗ります。

map2

バス停の位置

バスの乗り方

バスの乗り方が日本と違うので、少し詳しく説明していこうと思います。まず、ベトナムのバスは全てのバス停ではなく、人が乗り降りするバス停にしかとまりません。乗りたいバスが見えたときは、手をあげて運転手に乗ることを知らせる必要があります。そうすると運転手は止めてくれます。バスに乗ったら、運賃箱に5000ドンを入れてください。もし、おつりがほしい場合は運転手に払おうとしているお札を見せてください。おつりがもらえます。

DSCF1384

このようにバスを呼びます

DSCF1389

運賃箱

※バスの乗り方についてはこちらの記事も参考にしてください

いかがだったでしょうか。会館にはそれぞれの物語があり、特徴も全く違うので、このルートでぜひ一度チョロンを観光してみてください。

ライター情報

Aya

Aya

2016.04.20~ ホーチミンでインターンシップをしています。 ベトナムがだいすきになりました。 いつかまた戻ってきます。

Ayaが書いた記事をもっと読む

「オススメ」新着記事一覧一覧を見る

ベトナムの欧米人エリア「2区タオディエン地区」のスーパーマーケット一覧

ベトナムの欧米人エリア「2区タオディエン地区」のスーパーマーケット一覧

  • facebook0
  • twitter0
  • google+0
  • hatena bookmark0

ホーチミン市の欧米人が多く住むエリア「2区タオディエン地区」のスーパーマーケットを紹介します!最近はタオディエン地区に住む日本人も増えてきており、レストランも毎月のように新しくできているホットなエリアです。 「2区タオディエン地区」のスーパーマーケットマップ アンナムグル…

続きを読む
ホーチミンで深夜の作業に使える24時間営業のカフェ

ホーチミンで深夜の作業に使える24時間営業のカフェ

  • facebook7
  • twitter0
  • google+0
  • hatena bookmark0
ベトナム・ハノイで働く日本人~JAC recruitment Vietnam江尻静香さん~

ベトナム・ハノイで働く日本人~JAC recruitment Vietnam江尻静香さん~

  • facebook23
  • twitter0
  • google+0
  • hatena bookmark0

「ホーチミン観光ガイド」新着記事一覧一覧を見る

ベトナムの欧米人エリア「2区タオディエン地区」のスーパーマーケット一覧

ベトナムの欧米人エリア「2区タオディエン地区」のスーパーマーケット一覧

  • facebook0
  • twitter0
  • google+0
  • hatena bookmark0

ホーチミン市の欧米人が多く住むエリア「2区タオディエン地区」のスーパーマーケットを紹介します!最近はタオディエン地区に住む日本人も増えてきており、レストランも毎月のように新しくできているホットなエリアです。 「2区タオディエン地区」のスーパーマーケットマップ アンナムグル…

続きを読む
ホーチミンで深夜の作業に使える24時間営業のカフェ

ホーチミンで深夜の作業に使える24時間営業のカフェ

  • facebook7
  • twitter0
  • google+0
  • hatena bookmark0
ホーチミンの中心部にあるビジネスにも観光にも便利なホワイトホテルをお得に予約しよう

ホーチミンの中心部にあるビジネスにも観光にも便利なホワイトホテルをお得に予約しよう

  • facebook0
  • twitter0
  • google+0
  • hatena bookmark0

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ