コーヒー大国ベトナムのコーヒーチェーン店を巡ってきました。

コーヒー大国ベトナムのコーヒーチェーン店を巡ってきました。

更新日:2017年12月19日 (取材日:2017年10月5日) / ライター: Sayaka

ベトナムはコーヒー生産量が世界で第2位のコーヒー大国です。ベトナム人はコーヒー好きで、ローカルカフェは朝から賑わっています。ただ、ここ数年でグーンと増えたのがコーヒーチェーン店。ベトナムの町中を歩いていると至る所に見覚えのある看板が目に入ってきます。ローカル店に比べたらちょっぴりリッチですが、きれいな店内と美味しい飲み物に誘われて、店内は賑わっています。そんなベトナムのコーヒーチェーン店の特徴・雰囲気・メニュー・味等をカフェを巡って調べてきました。

また今回はどこのカフェにでもあるホットアメリカーノで味比べもしてみました。ベトナムコーヒーに飽きた時に参考にしてみてください。

グローバルチェーン店

まずは、世界各国に店舗を構えるコーヒーショップのご紹介です。日本でも馴染みのあるのコーヒーショップなので、おなじみの味を楽しんだり、ベトナムの雰囲気を一転したい時等に訪れるとホッとできるかもしれませんね。また、日本にはないオリジナルのメニューが楽しめるお店もあるので、その国限定の味を堪能してみてはいかがでしょうか。

スターバックスコーヒー

スターバックス1号店

スターバックス1号店

世界各国でよく見かけるこの看板。ベトナムにも4年前にオープンしました。コーヒーにこだわりを持つスターバックスでは、美味しいコーヒーがいつでも味わえるという信頼がありますね。スターバックスの特徴は、オシャレな店内・フレンドリーな接客・その国のオリジナルメニューがある事です。

アジア限定飲めニュー「アジアンドルチェラテ」

アジア限定メニュー「アジアンドルチェラテ」

ここベトナムではアジア限定のメニュー「アジアンドルチェラテ・Tall75000ドン(約375円)」があります。コーヒー風味のホイップクリームがのった甘めのラテです。疲れた身体をやさしく癒してくれます。

アイスハイビスカスレモンティー

アイスハイビスカスレモンティー

こちらのアイスハイビスカスレモンティーも日本にはないメニューかもしれないです。ハイビスカスの花のような真っ赤な色がきれいな甘酸っぱいさっぱりとしたドリンクです。ホーチミンに来た際は、日本では味わえない限定メニューをぜひ味わってみてください。

アメリカーノ 50000ドン香り☆☆ 苦み ☆ 酸味 ☆

アメリカーノ 50000ドン(約250円) 香り☆☆ 苦み ☆ 酸味 ☆

誰にでも飲みやすい美味しいコーヒーです。苦み・酸味も強すぎず、さらっとした口当たりのアメリカーノです。カップケーキやケーキ等も豊富にあるので飲み物と一緒に楽しめます。

ホーチミンやハノイのロゴが入ったマグカップ

ホーチミンやハノイのロゴが入ったマグカップ

また、デザインのかわいいベトナム限定のマグカップやタンブラーも売っているので、お土産にも良さそうです。

コーヒービーン&ティーリーフ

レタントン通りとタイバンルン通りの交差点にあるお店

レタントン通りとタイバンルン通りの交差点にあるお店

こちらも色々な国で見かけることができるコーヒー店のコーヒービーン。1963年にロサンゼルスにオープンしてから現在までに22カ国750店舗以上出店しているそうです。

静かで落ち着いた店内

静かで落ち着いた店内

店舗によっても異なりますが、店内が落ち着いていて明るい環境の為か、パソコンを開いて作業をしている人や、教科書を広げ勉強している人をよく見かけます。フリーWi-Fi、客席に電源完備は助かりますね。

写真右奥:アメリカーノ(ラージ) 75000ドン(約325円) 香り ☆☆ 苦み ☆☆ 酸味 

写真右奥:アメリカーノ(ラージ) 75000ドン(約325円) 香り ☆☆ 苦み ☆☆ 酸味

コーヒービーンのアメリカーノは、飲みやすいさっぱりとした味。何よりもカップが大きくどこのお店よりも量が多いのが嬉しいです。また、ケーキや軽食も楽しめます。

ベトナムのチェーン店

お店によってこだわりの豆を使っているベトナムのコーヒーチェーン店。ベトナムのコーヒーチェーン店では、ベトナムコーヒーはもちろんのこと、ベトナムコーヒー以外のコーヒーも楽しめます。苦味の強いベトナムコーヒーが苦手という方にも飲みやすいアメリカンコーヒーを味わうことができます。ベトナム人にも人気のコーヒーチェーン店をご紹介します。

ハイランドコーヒー

街中いたるところにあるハイランズコーヒー

街中いたるところにあるハイランズコーヒー

ベトナムのコーヒーチェーン店といったらやっぱりハイランズコーヒーですね。町中で見渡したら必ずと言っていい程視界に入るこの看板。ベトナムのスターバックスとの命名をもつハイランズコーヒーは、ベトナム人に人気のお店です。

ベンタイン市場近くのハイランズコーヒー店内

ベンタイン市場近くのハイランズコーヒー店内

店内は、欧米風なデザインで、シックなテーブルとイスがびっしりと並んでいます。落ち着いた雰囲気の店内ですが、若干席と席の距離が近いかなと思うことも…。時間帯によっては、ベトナム人で店内は大賑わいになります。

ホットアメリカーノ 44,000ドン 香り☆☆ 苦み ☆☆ 酸味 ☆

ホットアメリカーノ 44,000ドン(約220円) 香り☆☆ 苦み ☆☆ 酸味 ☆

ゼリーが入ったドリンクが人気のハイランズコーヒー。ホイップクリームたっぷりのコーヒーやフラペチーノ等種類も豊富で、何と言っても他のチェーン店よりも格安で楽しめるのがハイランドコーヒーのいい所です。練乳入りのベトナムコーヒーはなんと29000ドン(約150円)!お手軽にベトナムコーヒーを楽しみたい時にもおすすめです。ホットアメリカーノは、飲んだ瞬間苦みと香りが口の中に広がりますが、後には残らず飲みやすいです。

チュングエンレジェンド

パスター通り沿いのチュングエンレジェンド

パスター通り沿いのチュングエンレジェンド

こちらもベトナム人なら知らない人はいないコーヒーチェーン店の老舗チュングエンコーヒーレジェンド。ベトナム中部のバンメトートに「チュングエンコーヒー村」と呼ばれるコーヒーのテーマパークを作ってしまう程の大手コーヒー会社です。

落ち着いた雰囲気の店内

落ち着いた雰囲気の店内

他のチェーン店とは違った高級感漂うゆったり落ち着いた明るい店内。ソファー席もあるのでのんびりコーヒーを楽しむことができるお店です。砂浜の砂を敷いた席もあったりとユニークな部分もあります。本棚にずらーっと並んでいるのはチュングエンさんの自伝だそうです。全てベトナム語なので、何が書いてあるかわかりませんでした。

アメリカンコーヒー 63000ドン 香り ☆☆☆ 苦み ☆☆☆ 酸味 

アメリカンコーヒー 63000ドン(約315円) 香り ☆☆☆ 苦み ☆☆☆ 酸味

チュングエンコーヒーの特徴は、コーヒーの種類が豊富という点。他のチェーン店に比べ、値段は高めですが、コーヒーへのこだわりは強く、ベトナムコーヒーの種類だけでも7種類もあります。それらのベトナムコーヒーには番号が付けられていて、No.1・No.2・No.3・No.4・No.5・No.8・Legendeeの7種類で番号が大きくなる程値段も高くなります。それぞれ個性的な味のコーヒーで、アラビカ種・ロブスタ種・リベリカ種の3種類のコーヒー豆を独自でブレンドしているそうです。また最高級コーヒーと呼ばれるジャコウネココーヒーLegendeeは最高級といわれる程でお値段も170000ドン(約850円)とちょっと高めです。店員さんに尋ねるとコーヒーの特徴を教えてくれるので、迷ったら聞いてみてください。簡単に説明すると、下記のような感じです。

No.1:ロブスタ種のみのコーヒー。癖がなく飲みやすい。

No.2:ロブスタ種とアラビカ種の混合コーヒー。

No.3:アラビカ種のみのコーヒー。酸味のあるコーヒー。

No.4:アラビカ種・ロブスタ種・リベリカ種の三種ブレンド。癖があり渋みが強い。

No.5:アラビカ種の一粒豆(生産総量の5%しか収穫できない稀少価値の高い豆)を使った酸味の強いコーヒー。

No.8:チュングエンおすすめのコーヒー。アラビカ種・ロブスタ種・リベリカ種の三種ブレンド。

Legendee:最高級のジャコウネココーヒーのブレンド。香りがいいらしい。

また、ベトナム名物のフォーやコムガー、バインミー等食事もありますが、夜はやっていない店舗もあるようです。コーヒー以外にも、スムージーやフルーツジュースもあります。アメリカンコーヒーは、苦みが強く酸味の少ないです。本場のベトナムコーヒーを楽しみたい時にはおすすめNo.1のチェーン店です。

フックロン

コーヒー・紅茶の専門店として有名

コーヒー・紅茶の専門店として有名

1968年創業のフックロン。コーヒー・紅茶の専門店としてホーチミン市内に展開するチェーン店です。フックロンのコーヒー、紅茶は香りが豊かです。紅茶の種類も豊富にあり、茶葉から淹れてくれるので香りもよく、またチェーン店の中でもリーズナブルな価格でベトナムのコーヒー・紅茶が楽しめます。

欧米風の店内

欧米風の店内

ただ、店内はベトナム人の若者でいつもほぼ満席。どの店舗も賑わっている事が多いため、ゆっくりのんびりするのには向いていないかもしれません。テイクアウトもできるので、観光やお買い物の途中に立ち寄って水分補給しながら街歩きしてみてもいいかも知れないですね。

アメリカーノ25000ドン 香り☆☆☆ 苦み ☆☆☆ 酸味

アメリカーノ 25000ドン(約125円) 香り☆☆☆ 苦み ☆☆☆ 酸味

コーヒー以外にも、スムージーやフレーバーティー、フローズンドリンクもあります。アメリカンコーヒーは、コーヒー独特の苦みが強いです。苦めのコーヒーが好きな方におすすめです。

また、フックロンではコーヒー豆や粉、紅茶のTパックやお茶っ葉も販売しています。蓮茶やジャスミン茶、桃のお茶など種類も豊富でパッケージも可愛くお手頃な値段なので、お土産にもおすすめです。フックロンの店頭ではなく、市内のスーパーやファミリーマートでも売っているので、探してみてください。

マイライフコーヒー

大きな「M」の看板が目印

大きな「M」の看板が目印

最近増え始めているのがマイライフコーヒー。シックな外観と内装で様々な年齢層の人々に好まれています。バックパッカー街近くのチャンフンダオ通り店は24時間営業だそうです。もしもの時に、役立ちそうです。

清潔感のあるオシャレな店内

清潔感のあるオシャレな店内

観葉植物や自然物を使ったおしゃれな店内は、きれいでゆったりとした雰囲気。コーヒーを飲みながらおしゃべりを楽しむ人もいれば、パソコンを開いて作業をしている人もいたりと、それぞれ自分の時間を満喫できるようなカフェです。

アメリカンコーヒー 46000ドン 香り ☆☆ 苦み ☆☆ 酸味 ☆

アメリカンコーヒー 46000ドン(約230円) 香り ☆☆ 苦み ☆☆ 酸味 ☆

アメリカンコーヒーは、苦味、酸味も程よくさらっと飲みやすいコーヒーです。ベトナムコーヒーを始め、イタリアンコーヒー、紅茶、マキアート、抹茶ドリンク、スムージー、ジュース等、ドリンクの種類が豊富なのも嬉しいですね。その時の気分にピッタリのドリンクが見つかりそうです。

まとめ

ホーチミンに点在するたくさんのカフェ。その中でもよく目にするコーヒーチェーン店を巡ってみて、それぞれの店舗の良さ、特徴を感じることができました。ベトナム在住の方には様々な場面での活用はもちろんのこと、観光の際にもきれいな店内+Free Wifiのカフェでゆっくり休憩したり、観光スポットを調べたりと有効に使えること間違いなしのコーヒーチェーン店。お好みのコーヒーやお店探しの参考にしていただけたら嬉しいです。

ライター情報

Sayaka

Sayaka

2012年9月〜ベトナム在住。旅行、料理、自然、子ども、動物、制作活動、カフェでまったり…が好き! たくさんの人にベトナムの良さを知ってもらいたい。ベトナムの生活・観光を楽しんでもらいたい。そんな時に役立つ情報をお届けしていきたいです。

Sayakaが書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「ホーチミン観光ガイド」新着記事一覧

「ホーチミン観光ガイド」の記事一覧を見る

アクセスランキング