日帰りツアーの記事一覧

日帰りツアーの記事一覧

「日帰りツアー」のタグが付けられたページの一覧です。

【フエ発・日本語】DMZ~非武装地帯~日帰りツアー

【フエ発・日本語】DMZ~非武装地帯~日帰りツアー

更新日:2013年12月9日 / ライター:ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

DMZとはDemilitarized zone(非武装地帯)の略で、 ベトナムを南北に分断していた境にあります。 ベトナム戦争の激戦地となったDMZでは、今もなお弾痕など戦争の傷跡が残ります。 戦争の凄惨さを風化させないためにも、日本語ガイドと一緒に自分の目で確かめてみてはいかがでしょうか。

【ホーチミン発・日本語】カイベー水上マーケット日帰りツアー

【ホーチミン発・日本語】カイベー水上マーケット日帰りツアー

更新日:2013年12月9日 / ライター:ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

東南アジアと言えば水上マーケット。タイの水上マーケットが有名ですが、ベトナムにもカイベーというメコンデルタの町に水上マーケットがあり、連日観光客と地元民で賑わっています。日本語ガイドと一緒に水上マーケットを楽しむツアーです。 カイベー水上マーケット日帰りツアーの見どころ カイベーはホーチミン市から車で2時間。まずは水上マーケットを楽しみましょう! メコンデルタと言ったら欠かすこと…

【ホーチミン発・日本語】クチトンネル&カオダイ教日帰りツアー

【ホーチミン発・日本語】クチトンネル&カオダイ教日帰りツアー

更新日:2013年12月9日 / ライター:ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ホーチミン観光で欠かせない、ベトナム戦争を知るための重要拠点、クチトンネルに、ベトナム生まれのとても珍しい宗教の一つ、カオダイ教の総本山タイニンを組み合わせたツアーです。カオダイ教は五教(儒教、道教、仏教、キリスト教、イスラム教)を全て融合した宗教です。日本語ガイドと一緒にベトナムの歴史と宗教に触れてみませんか。

【ホーチミン発・日本語】クチトンネル&メコンデルタ日帰りツアー

【ホーチミン発・日本語】クチトンネル&メコンデルタ日帰りツアー

更新日:2013年12月9日 / ライター:ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

クチトンネルとメコンデルタはホーチミン観光には欠かせません。この2つを、1日で両方回っちゃおうという欲張りなツアーです。ベトナムを最大限楽しみたい方におすすめのツアーです。もちろん日本語でのご案内ですので、言葉の心配もありません。

【ホーチミン発・日本語】ブンタウ日帰りツアー

【ホーチミン発・日本語】ブンタウ日帰りツアー

更新日:2014年6月30日 / ライター:ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ホーチミンから一番近いビーチ、ブンタウに日帰りで行けちゃうツアーです。ブンタウはベトナムの熱海のような街できれいなビーチ、おしゃれなカフェ、美味しいシーフード等を楽しめます。日常の喧騒から離れてビーチでゆったりするのはいかがでしょうか?

【ホーチミン発・日本語】メコンデルタ日帰りツアー

【ホーチミン発・日本語】メコンデルタ日帰りツアー

更新日:2014年3月7日 / ライター:ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

このツアーはメコンデルタの街、ミトーとベンチェーをめぐる日帰りツアーです。ミトーはホーチミン市内からバスで2時間ほどにあるメコンデルタの街。ホーチミンから近いので日帰りで訪れることができます。このホーチミン観光最大の名所であるメコンデルタを1日に濃縮して堪能します!日本語でのツアーガイド付きだから安心!

Hue(フエ) – ベトナム最後の王朝を今に残す古都

Hue(フエ) – ベトナム最後の王朝を今に残す古都

更新日:2013年12月1日 / ライター:ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

フエはベトナム中部に位置しており、1993年にベトナム最初の世界遺産として登録された街です。空港もありますが2013年11月末まで拡張工事のため閉鎖されています。また、ベトナム南北統一鉄道も通っており、アクセスの良い立地にあります。 世界遺産を除いてしまえは田舎町。街郊外の世界遺産を回るとベトナムの田舎風景に出会うことができます。バイクの波も穏やかなのでレンタバイク・レンタサイクルを活用する…

ブンタウ(Vung Tau) – ホーチミンから日帰りできるビーチリゾート

ブンタウ(Vung Tau) – ホーチミンから日帰りできるビーチリゾート

更新日:2014年3月15日 / ライター:ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ブンタウはホーチミンの南東約100kmに位置する港町です。ホーチミンから日帰り可能なビーチリゾートとして地元民に愛されている他、海沿いにはビーチリゾートも立ち並び欧米人観光客の姿も目にします。観光地としての性格の他、石油産業の街という側面もあり、海の沖合にはタンカーを望むことができます。油田は沖合にあるため、ビーチを楽しむ分には問題ありません。もちろんここは常夏の南国ですので、一年中ビーチアクティ…

Facebookページで最新情報をチェック




アクセスランキング