ベトナム初心者が街を安全に歩くために

ベトナム初心者が街を安全に歩くために

ベトナムで日本の感覚の交通感覚のまま過ごすと事故は避けられないでしょう。かといって、怖がりすぎているといつまで経っても道路一本横断することができません。安全に道路を横断し目的地につくために、道路の渡り方を簡単に勉強しましょう。

 日本とのルールの違い

大前提として、ベトナムの車両は右側通行です。
そして、交差点で信号が赤のときでも流れにのって右折することがルールとして許可されています。
このルールがあるため、たとえ信号が赤でもビュンビュンと車やバイクがあなたが横断している道路を通過して行きます。

 ルールは守られない場合が多い

日本では、左右から車両が来ていなくてもみんな信号を守り、黙って止まります。
ですが、ベトナムではそうはいきません。
そもそも信号が多くはありませんし、信号が赤であっても、行けそうなら行く。バイクの数台、歩行者が歩いている程度なら平気で突っ込んできます。

 信号が見つからない

主要な交差点では、歩行者用の信号を見つけることができますが、前述の通り信号自体もすくなく、歩行者用信号などはほとんどないため、あまり頼りにはなりません。

車両用の信号が交差点の内側にあったり、赤しかなかったりすることが多くあるため、歩行者から見つけることが難しいです。

 どうやって渡るか

「空気を読む」「主張する」この2点につきます。

車は停まってくれません。止まっていない限りは無理に通過せず、手前で待ちましょう。

バイクは基本的によけてくれます。
バイクに乗っている人と目を合わせ、バイクのほうが先に通過してくれそうなら、歩く足を緩めて先に通過させましょう。
こちらが先に通過できそうなら、少し早めに歩いて先に通るようにします。
この時決して走ってはいけません。いけると思ったバイクのほうが突っ込んできてしまい、ぶつかってしまうことになります。

交通量が多いようなら、その方向に手のひらを差し出しましょう。バイクはよけてくれます。

反対方向にもたまに気を配らなければいけません。もちろん違反ですが、反対車線を走るバイクも少なからずいます。

 歩道を歩いていても

歩道とはいっても気を緩めすぎないようにしましょう。
通勤の時間帯などなど交通量が特に多いときは歩道を走るバイクもいます。
そのようなバイクが来たときは、目を合わせぶつからないようにどちらかに避けましょう。

 実際に見てみる

ベトナムにいるなら、実際に地元の人が大きな交差点をどうやってわたっているか見ることがもちろんできます。
最初のうちは地元の人が渡るタイミングに合わせて、横にくっついてわたってみると良いでしょう。

youtubeで実際の交差点の様子の動画を見ることもできます。
これからベトナムを訪れる方は一度その様子を確認して見るのも良いかもしれません。

 コツを掴んで楽しい街歩きを

最初はあまりの怖さにストレスになってしまうかもしれません。
実際に私も最初の数日は一人で大きな交差点を渡るのが怖くてとても嫌でした。

しかし、タクシーでなはなく徒歩でしか見つからないこともたくさんあります。
そして、ベトナムではみんながこの方法で実際に街を行き来しているのです。

勇気を出して、手のひらを差し出し、運転手と目をあわせて、一歩踏み出してみましょう。

ライター情報

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部です。ベトナムをもっともっと楽しめる、そんな情報を日々探しては発信しています。こんなこと知りたい!というリクエストがあればお気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部が書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「もっと知りたい!ベトナム。」新着記事一覧

「もっと知りたい!ベトナム。」の記事一覧を見る

アクセスランキング