有名日本人パティシエ直伝、ベトナム産カカオを使ったチョコレートイベントに行ってきました!

有名日本人パティシエ直伝、ベトナム産カカオを使ったチョコレートイベントに行ってきました!

更新日:2016年7月8日 (取材日:2016年7月1日) / ライター: ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ホーチミン市1区のチョコレート専門店「Maison Marou Saigon」で2016年7月1日に、東京・富ヶ谷に本店を構える「ベミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ」オーナー土屋公二氏を迎え、カカオ豆の違いの解説や、ベトナム産オーガニックカカオを使用したトリュフ・板チョコづくりのデモンストレーションが行われました。

チョコレートができるまで

光沢のある綺麗なチョコレート

光沢のある綺麗なチョコレート

産地の異なる数種類のカカオ豆の味の違いを、実際に豆を食べて味わいました。
カカオ豆をそのまま食べる機会はとても貴重なはず。
この美しいチョコレートができるまでの過程に迫りたいと思います。

カカオ豆解説

半分に割られたカカオ

半分に割られたカカオ

半分に割られたカカオです。初めて見る方も多いのではないでしょうか。

半分に割られたカカオ

半分に割られたカカオ

カカオの中身!割るとこのような白い実がでてくるんですね。しかし豆を出すためにさらに割っていきます。

加工前のカカオ豆

加工前のカカオ豆

こちらは加工前のカカオ豆。カカオの実から豆まで初めて見るものばかりでした!
加工されたカカオ豆の香りは、チョコレートの香りそのものでしたが、味は苦みがとてもつよかったです。
カカオ豆を乾燥、発酵させ、私たちがイメージするチョコレート色のカカオ豆になります。

産地別チョコレートのテイスティング

異なる国のカカオで作られたチョコレート試食

異なる国のカカオで作られたチョコレート試食

次に4種類の産地の異なるチョコレートの試食。人それぞれ好みが分かれていました。
テイスティングの時に使われる表現は、「ミントのような・大地のような」などだそうです。
コーヒー好きな私にとって、コーヒーテイスティングに共通するものがあると感じました。

チョコレートづくりデモンストレーション

チョコレート作り開始

チョコレート作り開始

板チョコとトリュフづくり開始です。
数種類の板チョコが完成したのですが、その中には驚くべきものが!(後に公開)

プロ流トリュフのつくりかた

光沢のあるピュアなチョコレート

光沢のあるピュアなチョコレート

「MAROU」さんのベトナム産カカオ使用のチョコレート。
オーガニックカカオと砂糖だけを使用したとてもピュアなもの。

日本酒をいれます

日本酒をいれます

チョコレートを氷水で冷やしながら混ぜていき、お酒をいれます。
チョコレートづくりでは、洋酒が一般的ですが、今回は特別に日本酒を入れていました。

理想のかたさ

理想のかたさ

このぐらいのかたさになるには、最適温度は23度!
ベトナムのカカオは油分が多く、クリームを加える加減の調節が難しいそうです。

トリュフ絞り

トリュフ絞り

衛生面のため、最近ではトリュフは手で丸めるのではなくこのように絞って、上から軽く指で押しつくるそうです。

トリュフ完成へ

トリュフ完成へ

最後にパウダーを付けて完成!

実は難しい板チョコづくり

板チョコを平らにするための工程

板チョコを平らにするための工程

型にチョコレートを流してから行うこの作業。空気が入らないように慎重にすることがポイント!
実は、この作業がとても難しいそうです。土屋氏の真剣な眼差しからその大変さが伝わってきました。

完成した板チョコ

完成した板チョコ

そして、もう一つ大きな板チョコが!

金箔エッフェル塔チョコレート

金箔エッフェル塔チョコレート

「MROU」さんのオーナーお二方と土屋氏。
手にあるのは、チョコレートでできたエッフェル塔なんです!チョコレートとは思えないほどの仕上がりでとても驚きました。

試食

トリュフ試食

トリュフ試食

こちらのトリュフを試食させて頂きました。日本酒入りということで洋酒とは違う風味が食べた瞬間、口の中に広がりました。とても濃厚で1つ食べただけでもとても満足できました。またぜひ食べたいです!

土屋公二氏プロフィール

1960年静岡県生まれ。日本屈指のトップショコラティエとして数々の受賞歴を持つ。1982年に渡仏し6年間修業した後、東京のショコラ専門店に8年間勤める。1999年、「ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ」をオープン。多くのフランス人が認める、ショコラの魔術師としてその名をはせている。TVチャンピオンの第1回洋菓子職人選手権優勝。フランス「シャルルプルーストコンクール」銀メダル、フランス「アルパジョンコンクール」銀メダル。その他多数受賞。

エッフェル塔型のチョコレートとともに

エッフェル塔型のチョコレートとともに

感想

チョコレートができるまでの過程を、写真やカカオの実物を見て学ぶことで、鮮明に記憶に残りました。チョコレートづくりの難しさや、ベトナム産カカオ使用のチョコレートの濃厚さにとても驚きました。また土屋氏の「チョコレートづくりは経験と感覚が重要」という言葉がとても印象強かったです。ぜひみなさまも、このベトナム産カカオ使用チョコレートを一度味わってみてはいかがでしょうか。

メゾン・マルゥ・サイゴン(Maison Marou Saigon)
メゾン・マルゥ・サイゴン(Maison Marou Saigon)

住所:169 Calmette, Quận 1, TP.HCM

評価: (3.5 = 21pt / 6人)

ホーチミン市1区の[飲食・レストラン/カフェ][飲食・レストラン/スイーツ]
ベトナム産のカカオを使ったおいしいチョコレート「マルー」のカフェ。チョコレートドリンクなどのカフェメニューの他に、ここでしか買えないオリジナ…

ライター情報

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部です。ベトナムをもっともっと楽しめる、そんな情報を日々探しては発信しています。こんなこと知りたい!というリクエストがあればお気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

ベトナム生活・観光情報ナビ編集部が書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「イベントレポート」新着記事一覧

「イベントレポート」の記事一覧を見る

「オススメ」新着記事一覧

「オススメ」の記事一覧を見る

アクセスランキング