バッチャン焼きで有名なハノイの郊外にある陶芸の町バッチャンに行こう

バッチャン焼きで有名なハノイの郊外にある陶芸の町バッチャンに行こう

更新日:2015年10月14日 (取材日:2014年4月3日) / ライター: aki

ハノイから十数キロ南西に行ったところにあるバッチャン村。ベトナム全土で売られておりおみやげとしても人気なバッチャン焼きはここで作られています。ハノイからは路線バスやツアーで行くこともできるのでハノイに行った際に訪問してみてはどうでしょうか。

バッチャン村へ向かう

バッチャン村へは路線バスならロンビエンバスターミナルから47番のバスで7000ドンでいくことができ、タクシーでも旧市街から片道15万ドン~20万ドンで行くことができますが、今回はバイクで行きます。

バッチャン方面へ右折

バッチャン方面へ右折

旧市街から東へ橋を渡り、右へ。バッチャン方面は看板が出ているので迷わず行けそうです。

土手の上の道を走ります

土手の上の道を走ります

後はひたすら土手の上の道を20分ほど走ります。バッチャン方面という看板に従って直進すればバッチャン村の入口が見えてきます。

バッチャン村へ到着

バッチャン村へ到着

バッチャン村へ到着しました。

バッチャン村の陶器店

バッチャン村にはたくさんの陶器のお店があります。観光客向けの大型店を見つけたので入ってみました。

怪しい日本語もあります

怪しい日本語もあります

ここでは陶器を作る過程の見学等もできるそうです。店内は英語が通じました。1階と2階に店舗が広がっており、実にたくさんの陶器が並んでいます。

バッチャン焼

バッチャン焼

この柄・色が「バッチャン焼き」のシンボルとも言えるのではないでしょうか。

色がついたものも

色がついたものも

様々な種類があります

様々な種類があります

茶器セット

茶器セット

陶器がひたすら並んでいます

陶器がひたすら並んでいます

さすがは観光バスが来るようなお店、実にたくさんの種類の陶器が並んでいました。ちなみに価格は高めだったので、購入する場合は他のお店で買ったほうがいいかもしれません。

陶器市場へ

村の中には市場があり、こちらはベトナム人の姿も多く見かけたので安く買物をするならこちらがおすすめです・ただ、英語はあまり通じませんでした。

屋台で腹ごしらえ

屋台で腹ごしらえ

市場の入口にあった焼きポテトが美味しそうだったので市場に入る前に腹ごしらえ。ベトナムの屋台は安くて美味しいのがいいですね。

バッチャン陶器市場

バッチャン陶器市場

これが市場の入口です。バイクは市場の外の駐輪場に停めましょう。また、路線バスはこの市場のすぐ近くにとまります。

小さなお店が並びます

小さなお店が並びます

市場の中は小さなお店が沢山並んでいます。もちろんどの店舗も売っているのはバッチャン焼。

一人用のベトナムコーヒーカップ

一人用のベトナムコーヒーカップ

ベトナムコーヒーを淹れるコーヒーフィルターもありました。ちょっと欲しくなります。

おみやげに良さそうです

おみやげに良さそうです

この辺りもハノイのおみやげとして良さそうです。伝統的な柄だけではなく、若者向けの製品も作られているのがわかります。

明朗会計

明朗会計

このお店は値札がある明朗会計。他のお店でも(ベトナム語で)値段を聞いてとても高い料金を提示することはありませんでした。一度値札がある店を見て、価格の感覚を持ってから値段交渉をすると良いですね。

故ザップ将軍

故ザップ将軍

2013年にお亡くなりになったベトナム戦争の総指揮官ザップ将軍のお皿もありました。ザップ将軍についてはこちらの記事をどうぞ。

バッチャン村で陶芸体験

バッチャン村では陶芸体験ができるところもたくさんあり、このようなローカル向けの工房でベトナム人観光客に混ざって陶芸体験をするとかなり安く(外国人向けの半額以下)体験することができます。ただし、言葉があまり通じないのが難点ですが・・・。

陶芸体験もできます

陶芸体験もできます

何度かやってみるのですがなかなかうまく作れません。横で見本を見せてくれる先生はパパっとお椀をつくり上げるのですがかなり時間がかかってしまいました。ただ、納得行くまで何度もやり直させてくれました。

絵付けをする様子

絵付けをする様子

時間があれば素焼きの後に絵付けをして、ハノイ市内への発送も可能でした。今回はホーチミン市へのフライトが近く、ホーチミン市へは発送できないということだったので残念ながら発送はなし。2日ほどの余裕があればハノイのホテルで受け取れます。

行ってきた感想

バッチャン村、ハノイ市の郊外とはいえ半日もあれば十分楽しめるでしょう。陶芸体験をする場合は絵付けまでに待ち時間があるので買い物の前にするのが良いと思います。市場内には欧米人観光客の姿も多く、意外と英語が通じる人が多かったです。お気に入りの陶器を見つけてお土産にしましょう。

ライター情報

aki

aki

旅をするように生きていたい、そう思っていたら気づくとホーチミンにいました。本業の傍ら、ベトナム観光・生活情報ナビ、Samurai Cafe Saigonをやったりしています。ベトナム・ホーチミンから、日本とは一味違うベトナムの日常をお届けします。

akiが書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「ハノイ観光ガイド」新着記事一覧

「ハノイ観光ガイド」の記事一覧を見る

アクセスランキング