ベトナム・ホーチミンで働く日本人~Spice Up Vietnam 三宅秀晃さん~

ベトナム・ホーチミンで働く日本人~Spice Up Vietnam 三宅秀晃さん~

更新日:2017年1月4日 (取材日:2016年11月14日) / ライター: JAC Recruitment Vietnam

現在、ホーチミンでカフェの経営、ベトナム生活・観光情報ナビの運営、海外研修を行っている三宅秀晃さん。日本でシステムエンジニアとして働きながら学生の就職活動支援やダナンでのカフェの経営にも携わっていました。このカフェの経営がきっかけとなって、ベトナムへの想いが強くなり、ITベンチャーの海外担当としてホーチミンを訪れ、その後独立。2014年12月にSpice Up Vietnamの立ち上げを行い、現在は3つの事業を中心にホーチミンで活動されています。

Spice Up Vietnamの仲間たちと三宅秀晃さん(写真左奥)

海外には興味がなかった自分が変わったきっかけ

学生時代はどんな学生だったのでしょうか?

学生時代からもともとITに興味があって、自分でWEBの作成などをしていたり、起業系の団体にも参加しているような学生でした。それと、ネットや海外の報道で日本人は仕事をつらそうにしていると言われていたのがきっかけで、「働き方」に問題意識を持っていました。会社や仕事に過度に依存しない働き方というものを模索していました。それでもこの頃は日本が好きで、海外に興味が湧きませんでした。

海外や海外ビジネスに興味を持たれたきっかけは何だったのでしょうか?

社会人になって海外旅行に行きだして、海外に徐々に興味を持ち始めました。その後、知人にダナンにカフェを出すプロジェクトを始めるからやらないかと誘われて、面白そうだったので参加を決めたことが海外ビジネスに興味を持った一番のきっかけです。

今となっては、考えられませんが、現地で雇ったベトナム人の女の子に日本からSkypeで「こうやっていこう」と伝えてカフェの運営を行っていました。まずはやってみようということもあり、私も何回もダナンに足を運び、現地のアルバイトや日本からのインターン生と試行錯誤しながら進めていきました。もうこのカフェは閉めてしまいましたが、この経験から「やろうとすれば海外でもビジネスもができる」ということを実感しました。

ダナンでのカフェのお客さんとの1枚(写真左)

その後、ITベンチャーに転職されていますが、なにがきっかけだったんですか?

社会人になっても「働き方」にまだ問題意識を持っていたのと、ダナンでの経験から物質的には日本は恵まれているけど、自分のペースで生きているベトナムの人ってみんな幸せそうだなってことを感じていました。

正直、短い滞在では分からないこともあって、実際にベトナムで働いてみたいと思っていた時に、友人からの紹介で海外担当を探しているITベンチャーの企業と出会いました。もともとベンチャー志向で、なおかつ、すぐに海外で働けそうだったこともあり、すぐに入社を決めて、その1ヶ月後にはホーチミンにいました。それが2013年7月です。

そこから、ベトナムでの現地法人の立ち上げを一からスタートさせました。しかし、2013年10月にその企業自体が買収されて海外事業はなくなることが決まってしまうんですよね。

ベトナムでの独立と3つの事業のはじまり

ホーチミンに来て3ヶ月で会社の海外事業部がなくなってしまったんですか!?その後は日本に戻られたんですか?

いえ、日本に戻るつもりはありませんでした。まだ、ベトナムで働きたかったので、2013年末に退職をして2014年1月からフリーランスとしてWebサイトの作成などを始めました。その後、何度か名刺が変わったり紆余曲折がありましたが、その傍らで「まずはやってみよう」の精神で作ったのがこの「ベトナム生活・観光情報ナビ」だったんです。

当時を振り返ってみると、私個人が、プログラマーとしてWebメディアを立ち上げる能力があったこと、バイクでローカルのお店を回るのが好きだったこと、この二つが偶然つながったんだと思います。つまり、自分のできることとやりたいことがうまくマッチしていました。加えて、そのときはローカルのベトナムの情報を扱うWebサイトが少なかったという外的な要因も大きかったと思います。

では、現在の海外研修事業、カフェ事業をはじめるきっかけは何だったのでしょうか?

この頃はWebサイトの作成以外にも、お客さんの要望があれば、できることはなんでもやっていたので、本当に様々なプロジェクトに参加していました。その中でも私の興味が強かった海外研修事業とカフェ事業は、多くのプロジェクト・お客さんと関わっているうちに、引き受けたことがきっかけで今も続けています。

そして、2014年12月に「サムライカフェサイゴン」(カフェ事業)、「ベトナム生活・観光情報ナビ(以下ベトナビ)」(メディア事業)、海外研修事業の3つの事業を中心にSpice Up Vietnam を立ち上げました。

2016年9月に開催された海外研修の様子

今、大切にしていること

現在、3つの事業をやられているということで、仕事をする上で一番のやりがいはなんですか?
自分のサービスを実際に使ってくれている人の「声」を聞くのは嬉しいです。自分たちが提供したサービスによって、何か少しでも生活が良くなってくれている人をみることがやりがいですね。

また、「職場」というのも「環境」という意味で提供しているものです。スパイスアップ・ベトナムで働くスタッフにとって、この環境が自身の成長や自己実現の場になってくれたら嬉しいです。彼ら、彼女らの成長も私にとってのやりがいの一つです。なので、そういった環境作りをすることも大切だなと感じています。

現在、お仕事をされていて大切になさっていることはありますか?

スタッフとのコミュニケーションです。自分がやりたいこととみんながやりたいことは同時にできません。皆が同じ方向を向くために、どのような会社にしていくか・これからしたいと考えていることを皆と共有することを意識しています。自分が細かくそれぞれのスタッフをマネジメントするよりも、みんながやりたいことをやりながら、結果として同じ方向を向けることが理想です。

ベトナムに来る人を増やしたい

このベトナム生活・観光情報ナビは現在どのような想いで運営なさっているのですか?

一番は「ベトナムに来る日本人を増やしたい」という想いがあります。このサイトをみることで、ベトナムのリアルな情報が手に入って、そこからベトナムに興味を持ってくれて、実際に足を運んでくれたら嬉しいですね。さらに、それがきっかけで「ここに住もうかなとか、ここでビジネスしてみようかな」と思ってくれる人が少しでもいたらいいなという想いで運営しています。私自身が今、ベトナムで働いているのも、偶然ダナンに行ったことがきっかけなので、そんな機会を提供できたら理想的です。

この「ベトナムで働く日本人にインタビュー」はどのような経緯で始まったのですか?

この企画は、ベトナムで働くことに興味がある人に向けて、様々なタイプの人が多様な過ごし方をしているということを紹介することでちょっとでもベトナムで働くことを想像できるといいなという想いから、人材紹介会社のJAC Recruitment Vietnam さんと共同で始めました。

なぜ「ベトナムに来る人を増やしたい」という想いに辿り着いたのでしょうか

もちろん私がベトナムが好きなこともありますが、日本のプレゼンスを上げたいという想いがあります。そのためには、日本代表として世界に飛び出してくれる人が増えることだと思っていて、その中でもベトナムは私が大好きな国なので、海外の中でもベトナムに合う人がたくさん来て欲しいです。もちろん、他の国にいる方々や他の国のほうが合う方もいらっしゃいますので、日本からベトナム以外の国への移動も増えると良いなと思おり、その中で私はベトナム担当だと思っています。

これからの目標やビジョンはありますか?

このベトナビをベトナム観光、出張、駐在となったら、確認することが当たり前になるような身近な存在にしていきたいです。そのためにも、ベトナムの魅力を伝えられる情報をもっと増やしたいですね。その試みの一つとして、ダナン・ホイアンの観光情報をまとめたフリーペーパーの出版も11月に行いました。これからホーチミン・ハノイ版も作っていこうと思っています。

11月に発刊されたフリーペーパー「ベトナビマガジン-ダナン・ホイアン版-」

それでは、ベトナムで働くことに興味がある方にアドバイスをお願いします。

いきなりベトナムに来るのが心配だったら、頑張って1週間くらいお休みを取って旅行じゃなくて実際に働いている人の話をこちらで聞きにきてもらえば、そのベトナムで働くリアルが見えてきて、自分に合う合わないも分かると思います。なので、このサイトで情報を集めて出てきた疑問や不安を、とにかくベトナムで来て色々な人に会うことで解消すれば良いのではないかと思います。ぜひ、ベトナムにお越し下さい。

インタビューの感想

以前、ダナンでインターンに参加させてもらって、お世話になった三宅さん。私も改めてこの「ベトナムで働く日本人」という企画でベトナムに興味がある方の背中を押すことができたらと思います。

お忙しい中、熱心に様々なお話をしてくださった三宅さんに感謝申し上げます。

取材:11月14日 白戸 崇 (JAC Recruitment Vietnam インターンシップ生)

あなたもベトナムで働きませんか?ベトナム最新求人情報はこちらから!

ライター情報

JAC Recruitment Vietnam

JAC Recruitment Vietnam

JAC Recruitmentは1975年に英国ロンドンでスタートした人材紹介会社。JAC Recruitment Vietnamは2013年6月にホーチミンに設立、2015年7月にはハノイに進出。英国・アジア11カ国地域に広がる独自のグローバルネットワークと、東南アジアNo.1のノウハウを活かし、経験豊富なコンサルタントがベトナムにおける日本人の転職活動をサポートしています。ベトナムへの就職・転職をお考えの方はお気軽にご相談ください。ウェブサイト ブログ

JAC Recruitment Vietnamが書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「ベトナムの日本・日本人」新着記事一覧

「ベトナムの日本・日本人」の記事一覧を見る

アクセスランキング