ベトナム・ホーチミンで働く日本人~SARA JAPAN 水野さん~

ベトナム・ホーチミンで働く日本人~SARA JAPAN 水野さん~

更新日:2017年11月2日 (取材日:2017年8月31日) / ライター: JAC Recruitment Vietnam

日本でMCや司会などイベントの仕事をされ、ベトナムのホテルで人材教育、管理などをされた後、神奈川県発ビューティーサロンSALA JAPANを経営されていらっしゃる水野様。ベトナムで働かれるきっかけ、現在のお話をお伺いしていきました。

落ち着ける空間を

SALA JAPAN 入り口

SALA JAPAN 入り口

現在どのようなお仕事をされていますか?

私は、サロン経営に関わること全般をしています。2年前に日本のオーナーから任されておりまして、会計や企画、営業などを行っております。 綺麗になりたいと思われているお客様が来られますので、より気持ちの良い落ち着く空間を提供することを心がけています。

お客様はどこの国の方が多いですか?

日本の方が9割を占めており、ベトナムの方は20代から30代の美容に気を遣っている方がいらっしゃいます。最近ベトナムでは、美白のために1万円程度の日焼け止めを使っている方がいますね。理由として、ベトナムにはバッグや服などに限らず、食品、化粧品までブランド品の偽物が流通しています。そのため、化粧品など直接肌につける物なので日本の化粧品は信頼度が高いという理由で重宝され、高くてもより本物を求める方が増えています。私のサロンはサロン専売商品 を販売しているため、すごく良い化粧品でも知名度が低いといった理由でベトナムの方に疑われることもありますね。

 

働く方がベトナム人と日本人で何か違う点などありましたか?

日本人とベトナム人では基本的な習慣が違うため、常識や価値観も違ってきます。 そのため、お客様に気持ちよい空間を提供するため従業員を指導します 。ベトナムの文化や考え方などを理解した上で指導をするのですが、その際に気をつけているポイントとして、仕事とプライベートとの 線引きをきちんとすることです。お客様を綺麗にする仕事ですので、スタッフ同士も礼儀を守り、お互いが気持ちよく仕事をできる環境作りを心掛けています。その為、自分の嫌なことは他人にはしない、他人に迷惑を掛けないということを伝えるようにしております。

現在のお仕事で苦労されたことはありますか?

日本で美容関係の学校に通っていたため、ある程度のことはわかりますが、脱毛に関して専門的な知識があまりなかったことですかね。また、日本製品の化粧品が次々改良されるため、ベトナムにいるとなかなか手に入らず、その商品の成分や効果などの知識を取り入れることが大変でした。お客様の肌質によって同じ化粧品でも効果が異なるため、その人に適した化粧品をご提案しなければいけないということも大変ですね。しかし、お客様がオススメした化粧品やエステで綺麗になったと喜んで下さる瞬間が大変嬉しいですね。

ベトナム旅行をきっかけに

受付

受付

ベトナムに来たきっかけはなんですか?

初めてベトナムに来たのは16年前の旅行です。今まで休日はアメリカなどに行っていましたが、東南アジアに行ってみたいと思い旅行をしました。最初ベトナムの空港に着いた際に、無表情な空港職員を見て、社会主義国ということを認識しました。 しかし、時間が経つにつれて街中のベトナム人と接すると、とても大らかで温かみがあり、大変良い思い出であったため、いつか住んでみたいと思うようになりました。その後、ベトナムでのお仕事のお話がきましたので、住むようになりましたね。

現在のお仕事をされる前は何をされていましたか?

日本ではイベント業のみでしたが、ベトナムでは色々なお仕事のお話をいただくことができ、たくさんの経験をさせていただきました。臨機応変な対応を要求されるイベント業の経験から、ホテルでの人材教育やマネージメント、日本人客の対応をさせていただくこともできました。特に人材教育では、立ち振る舞いや挨拶の指導、日系ホテルですので日本人のお客様がどういう事を尋ねてくるのか、何を不快と感じるのかということを教えていましたね。

ベトナムに長期滞在するに当たって何か気をつけられていることなどありますか?

特に食生活に気を遣っており、できる限り安全とされる食材を口にするようにしています。長期滞在となると健康が一番重要ですので、産地などを確認するようにしていますね。あと、以前よりベトナムは綺麗になり高層ビルなどおしゃれな街並みになりましたが、日本にはない病気などもありますので、予防接種はしっかり受けています。

良い品質をお客様に

エステベッド

エステベッド

今後のビジョンやベトナムで美容業界はどのような展開をみせると思われますか?

時間に余裕ができたら、まだまだ勉強をしたいですね。また、調理師免許の資格は持っていますが、せっかくベトナムにいるので、本格的なベトナム料理も習ってみたいと思っています。美容業界に関しては、ベトナム人は美意識が高いため、本当に良いものだけが残ると思います。ベトナムではよくブランド品や食品、日本製化粧品を模倣しています。確かに安いかもしれませんが、今後は多少お値段が張っても安全な商品が求められると思います。経済も良くなり収入が増えると尚更ですよね。

これから海外で働く方にアドバイスをください。

ベトナムは目標をしっかりもって来ると確実に成長できると思います。ベトナムの尊敬できるところも沢山ありますが、逆に慣れてはいけないところも沢山あるので、簡単に堕落することもできます。文化や習慣の違いもあり、様々な事に意識を向けることでとても勉強になります。ベトナムでの働き方は、良くも悪くも日本とは異なりますので、ある程度の期間で自分自身を見つめ直し、日本とベトナムの生活を振り返る時間を持つことも大切だと思います。

インタビューを終えて感想

立ち振る舞いや話し方がとても上品で、見習いたいところが多い水野さん。化粧品には動物性や植物性があるという、美肌になるための知識はもちろん、食材から気をつける必要性があるなど知らないことを色々教えて頂きました。

お忙しい中、お時間を割いて頂きました水野さんに感謝申し上げます。

取材日:8月31日 來栖詩織(JAC Recruitment Vietnamインターンシップ生)

あなたもベトナムで働きませんか?ベトナム最新求人情報はこちらから!

ライター情報

JAC Recruitment Vietnam

JAC Recruitment Vietnam

JAC Recruitmentは1975年に英国ロンドンでスタートした人材紹介会社。JAC Recruitment Vietnamは2013年6月にホーチミンに設立、2015年7月にはハノイに進出。英国・アジア11カ国地域に広がる独自のグローバルネットワークと、東南アジアNo.1のノウハウを活かし、経験豊富なコンサルタントがベトナムにおける日本人の転職活動をサポートしています。ベトナムへの就職・転職をお考えの方はお気軽にご相談ください。ウェブサイト ブログ

JAC Recruitment Vietnamが書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「ベトナムの日本・日本人」新着記事一覧

「ベトナムの日本・日本人」の記事一覧を見る

アクセスランキング