ベトナム・ホーチミンで働く日本人~稲葉健人さん~

ベトナム・ホーチミンで働く日本人~稲葉健人さん~

更新日:2017年9月20日 (取材日:2017年8月28日) / ライター: JAC Recruitment Vietnam

現在、人材紹介会社JAC Recruitment Vietnamでお勤めの稲葉健人さん。学生の頃から事業を始め、新卒で就職した会社で人材紹介事業を立ち上げ、ベトナムに転職。ベトナムに来た理由や半年間の生活の中で見えてきたことなどについてお伺いしました。

海外転職を機にベトナムへ

稲葉健人さん会社のオフィス

稲葉健人さん会社のオフィス

今現在の仕事について詳しく教えてください。

人材紹介会社であるJAC Recruitment Vietnamで半年前から勤務しています。私は日本人を担当しており、主に日本からベトナムに現地採用として転職を希望する方、ベトナム在住の日本人でベトナム国内で再転職を希望する方を対応しています。その中でも私はITの業界を担当しています。業界の事について知れば知る程、ベトナムは東南アジアの中で一番ITに力を入れている国だと感じます。

お仕事をされる際に楽しいと感じることはありますか。

JAC Recruitmentは企業側も候補者側も対応するので、求人が広がったり、企業側に交渉したり、ご提案などが出来るのが楽しいです。間接的に仕入れた情報ではなく双方を対応する分、候補者の方の疑問に的確に答えることが出来ますし、企業側に履歴書の文面だけではわからない転職希望者の性格や思い、雰囲気なども伝えられるのでそれが楽しいのではないでしょうか。

0から1にする経験をした学生時代

会社のデスク

会社のデスク

学生時代について聞かせてください

高校受験のとき志望校に落ちてしまい、全く勉強しなかったのですが、大学に行きたいとふと思いました。部活もしていなかったので、社会活動が評価される推薦枠を狙い、ロードバイクレースの高校生チームを作りました。学生でお金がなかったので、ユニフォームに企業名を入れるので宣伝費を出して下さる企業を探して友達と三人で営業回りをしていました。それで見事、大学の推薦を頂きました。この高校生の時の経験が、ゼロイチを作り出す初めての経験で、自分がこの様な経験が好きだと思ったきっかけでした。

どのような大学生活を送っていたのですか?

大学生時代に電車で日本を旅していた際に、広島の友達に自分の出身地の栃木を知らないと言われ、「ツアーをしてくれたら友達を連れて行く」と言われたのがきっかけで栃木を観光する企画から、観光コンテンツの事業化を始めました。SNSなどを駆使して宣伝活動をした結果、学生から人気が出て、大手企業がスポンサーになり、栃木県から補助金を出してもらうまでに成長させました。

なぜ人材紹介の会社で働いているのですか。

前職はweb系の広告代理店のベンチャー企業でした。新卒で就職し、一年目で新規事業を始め、その際に一年間で赤字を出さない事業を作るようにと要望があり、目先の利益と長期の利益が望める人材紹介事業を始めました。他の人材紹介会社と差別化を図るために地方の大学生にスポットを当てて事業を行っていました。地方と都市部では採用面接の際に重視するポイントやアピールするポイントに違いが有り、有能な学生であってもミスマッチが生まれてしまうことがあります。その状況を避けるために地方と都市部の就職活動や採用面接についてネットで調べたり、実際に就職セミナーに参加したりして徹底的に調べました。当時は全国の大学などに出張して就職活動のセミナーを行ったり、候補者の面談、空いた時間には企業にアポを取ったり本当に忙しい毎日を送っていました。

1から10を学ぶための転職

ベトナムを楽しむ様子

ベトナムを楽しむ様子

なぜベトナムに転職されたのですか

海外で働きたいという希望はありませんでしたが、海外の営業のスタンスを知りたいとは思っていました。東南アジアの他国からも内定は頂いていたのですが、ベトナムは一度訪れたこともあり、友達もいたので初めての海外転職にはぴったりだと思い、ベトナムに転職することを決めました。

JAC Recruitmentを選んだ理由はなんですか?

JAC Recruitmentは企業として完成されており、1から10にしていく経験が学べると思ったからです。また、新しいマーケットを作ろうという上司の考え方の一致もあり、他の人材紹介会社の中からひとつ強みを作っていけると思いました。また、今まで新しいことを始めてきた自分の経験を活かせると思ったからです。会社を成長させることを学びながら、今までの経験を活かしていく、両方の事が出来るのが転職を選んだ大きな要因ですね。

これから転職する方にメッセージをお願いします。

何も考えずに行きたいと思ったときに行った方がいいと思います。もし、何か悩みがあったり、考えたりしてしまうなら辞めておくべきだと思います。きっとその状況であれば言い訳や愚痴が自然と出てしまう気がします。英語が話せなくても海外で働いている方も沢山いらっしゃって、郷に行けば郷に従えという言葉のように自分の環境に適応することが海外で仕事をするうえで一番大切だと思います。

インタビューの感想

物腰の柔らかい印象からは想像もつかないほど熱意や情熱を感じ、とても素敵な方だと思いました。新しいことを始め、努力される稲葉さんのお話を聞いていると、何か始めてみることで可能性は無限大に広げられると考えさせられました。

お忙しい中、お時間を割いて頂いた稲葉さんに感謝申し上げます。

取材:8月28日 中本 綾香 (JAC Recruitment Vietnam インターンシップ生)

あなたもベトナムで働きませんか?ベトナム最新求人情報はこちらから!

ライター情報

JAC Recruitment Vietnam

JAC Recruitment Vietnam

JAC Recruitmentは1975年に英国ロンドンでスタートした人材紹介会社。JAC Recruitment Vietnamは2013年6月にホーチミンに設立、2015年7月にはハノイに進出。英国・アジア11カ国地域に広がる独自のグローバルネットワークと、東南アジアNo.1のノウハウを活かし、経験豊富なコンサルタントがベトナムにおける日本人の転職活動をサポートしています。ベトナムへの就職・転職をお考えの方はお気軽にご相談ください。ウェブサイト ブログ

JAC Recruitment Vietnamが書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「ベトナムの日本・日本人」新着記事一覧

「ベトナムの日本・日本人」の記事一覧を見る

アクセスランキング