[2013/4/26]島と海とニンニクと

[2013/4/26]島と海とニンニクと

更新日:2013年10月7日 / ライター: ayako

島と海とニンニクと

リーソン島から南シナ海をながめる

ベトナム中部クァンガイQuảng Ngãi省リーソンLý Sơn島。クーラオレーCù Lao Ré島ともいわれます。

クァンガイ省の陸側から島まで約1時間。総面積は約10km²、人口は約2万人という小さな島ですが、とにかく海がきれいで透明度も高い、そして寺、歴史文化遺跡も数多くあります。ここから2000年以上前の先史時代の遺跡も発見されています。
リーソン島の特産品はニンニク。この島のニンニクは香りもよく、島のあちらこちらで売られています。
まだまだ観光地としてのインフラは整っていませんが、景観も美しく、観光スポットもいくつもあり、今後の観光地化が期待されている地です。

ライター情報

ayako

ayako

元ベトナム考古学徒。研究のかたわらベトナムフェスティバルやベトナム検定公式テキストやたんぽぽカフェ@ダナンに携わったのち、2013年1月からホーチミン在住です。

ayakoが書いた記事をもっと読む

Facebookページで最新情報をチェック

この記事へのコメントをどうぞ




「ベトナムの街角レター」新着記事一覧

「ベトナムの街角レター」の記事一覧を見る

アクセスランキング